【Special】

特選事例5社に学ぶ「ビッグデータで、ビジネス競争力を強化させる方法」

2017年9月29日(金)

これからのデータ活用を考えた時、従来から扱い慣れている構造化データを対象とするケースはごくわずかであり、蓄積や分析の大多数はタイプもまちまちで特性も異なる非構造化データになる──。その前提に立った時、企業にはどんなプラットフォームが必要となるのか。その具体像と、すでに活用を始めている先駆的事例をとりまとめた注目コンテンツを紹介する。

 Webサイトのクリックストリーム、機器に組み込まれたセンサーのシグナル、SNSを介した人々のコメントやアクション…。この瞬間もまた、多種多様なデータが世の中に生み出されている。“デジタル化”は加速する一方であり、森羅万象というのは大げさにしても、ビジネスを形成するプロセスのみならず、人々の営みも含めて現実社会の動きをデータとしてとらえ得る時代が到来しようとしているのだ。

 多種多様で膨大なデータ、いわゆるビッグデータがぐっと身近なものとなった結果、企業の眼前には、市場あるいは顧客に対して、より実効性の高い施策を講じる道が拓かれようとしてる。“個客”の嗜好をキメ細かく理解してこれぞという推奨品を提示する、機器のトラブルの予兆を検知し先回りしてメンテナンスする、といった取り組みはすでに現実のものとなっているし、この先も、気の利いた優れた事業モデルやサービスが続々と出てくるだろう。

 この領域は、先行優位性が際立つ傾向にあることが見逃せない。斬新な事業モデルやサービスを投入し、感度よい顧客から受け入れられたなら、その評判は市場に一気に知れ渡る。2番手、3番手が追随しようとする間に、大方のシェアを奪ってしまうということは珍しい話ではない。この観点において、ビッグデータの利活用に距離をおいて静観することはリスクを抱えることにもつながってしまう。この瞬間にも競合他社が虎視眈々と準備を整え、出し抜こうとしているかもしれないからだ。

 ビジネス価値を創出するポテンシャルが高い分野には、世界の英知も集中する。ビッグデータ関連の注目テクノロジーの中に、OSS(オープンソースソフトウェア)を軸に劇的な進化を遂げているものが多いことは、それを象徴していると言えるだろう。ビッグデータの歴史はまだ浅いので洗練させるべき余地はあるし、従来からの発想やテクノロジーでは通用しないことも少なくない。至るところで直面する難問をブレークスルーしようと、熱意溢れるエンジニアがコミュニティ上に集っているのだ。

 OSSコミュニティから生み出されるソフトウェアは、先進的でエッジが効いている反面、使いこなすには相応のスキルやノウハウを必要とするのが一般的。そこで、現実的アプローチとして採用が進んでいるのが、企業向けの実装やサポートが考慮された商用ディストリビューションであり、それを専業とするプレーヤーが頭角を現している。そして、ビッグデータの分野で高い存在感を示しているのがホートンワークスである。

 同社は、これからのデータ活用のあり方を考え抜き、Hadoop、NiFi、Sparkをなどを筆頭とするOSSイノベーションの価値をエンタープライズに提供すべく事業展開している企業だ。その立場において、次世代データアプリケーションを支えるためにどのようなプラットフォーム像を描いているのか。それを知ることは、あらゆるタイプのデータの蓄積~分析という一連のフェーズを高度化するテクノロジーを咀嚼する一助になるばかりではなく、実践に向けた多くの示唆を与えてくれるはずだ。

 ここで紹介する資料では、同社が提唱する「Connected Data Platforms」の構成要素、具体的には、データの収集やフロー管理を担う「HDF(Hortonworks DataFlow)」と、データの蓄積や分析を担う「HDP(Hortonworks Data Platform)」の位置付けを図解すると共に、それぞれにどのようなOSSが適用されているのかを概説。さらに、先駆的なユーザーを代表して、ソフトバンク、三菱ふそうトラック・バス、ヤフー、LIXIL、リクルートテクノロジーズという5社の活用事例を取り上げている。

 特に各社2ページ単位にまとめられたユーザー事例は読み応えがある。ビジネス上の課題、解決のアイデア、実感し始めた効果などが実務担当者の視点で言及されているのに加え、構築したデータ分析基盤の構成も分かりやすく図で示されているのが特徴だ。これから、ビッグデータの活用に向けて本格的な検討を始める企業にとってヒントが満載だ。是非、手にとって読み込んでほしい。

関連記事

Special

-PR-

特選事例5社に学ぶ「ビッグデータで、ビジネス競争力を強化させる方法」これからのデータ活用を考えた時、従来から扱い慣れている構造化データを対象とするケースはごくわずかであり、蓄積や分析の大多数はタイプもまちまちで特性も異なる非構造化データになる──。その前提に立った時、企業にはどんなプラットフォームが必要となるのか。その具体像と、すでに活用を始めている先駆的事例をとりまとめた注目コンテンツを紹介する。

PAGE TOP