[インタビュー]

座談会―過去の“蹉跌”、そして展望 PART03

2010年8月17日(火)

全体最適の意識が薄かった 長期的視点の利益追求で今後はBPMが不可欠に 日本においてなぜ、BPMは広がらないのか。そもそも必要性がないのか。最前線の場でBPMの意義を訴え続けてきたベンダー4社の担当者が、これまでの国内ユーザーの状況を振り返りながら語る。(進行は本誌編集長の田口 潤)写真:的野 弘路

渡辺 隆氏
渡辺 隆氏
日本アイ・ビー・エム ソフトウェア事業 SWブランド&チャネル・マーケティング WebSphereマーケティング・マネージャー
国内ベンダーでデータモデリングやOracle周辺ツールのマーケティングに従事した後、 2000年より日本ラショナルソフトウェアのマーケティングを担当。UMLやRUP、構成管理の普及に務める。Rational社のIBMへの合併を経て、現在は、BPMやSOAのマーケティングを担当している


力 正俊氏
力 正俊氏
パワード プロセス コンサルティング 社長
国内ベンダーにおいてロジスティクスシステム導入に従事。SAPジャパンを経て1999年10月にIDSシェアー・ジャパンに入社し、2004年から社長を務めた。2008年7月にパワード プロセス コンサルティングを設立。2008年から、独jCOM1社の日本総代理店として、BPMツール「jCOM1」を展開中


高野 忍氏
高野 忍氏
ソフトウェア・エー・ジー 第1営業本部 システムエンジニアリング マネージャー
大手製造業や通信会社に勤務し、多くのプロジェクトにマネージャーとして参画。 2006年8月、ウェブメソッド(現ソフトウェア・エー・ジー)に入社。ユーザー時代の経験を生かし、顧客視点からEAIやSOA、BPMの提案、実装を支援。現在、システムエンジニアリング部門を統括している


高野 忍氏
神沢 正氏
SAPジャパン ビジネスユーザー&プラットフォーム事業本部 プラットフォーム営業部 部長
外資系ベンダーにおいてSOA/ ミドルウェア事業を担当した後、2008年4月にSAPジャパンに入社。SAP ERPを中心とするオンプレミス型アプリケーションや、オンデマンド/オンデバイス領域を横断するプラットフォームの営業・事業開発を担当。現在、SAPのBMP戦略立案や提案活動に携わっている


この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

関連記事

座談会―過去の“蹉跌”、そして展望 PART03全体最適の意識が薄かった 長期的視点の利益追求で今後はBPMが不可欠に 日本においてなぜ、BPMは広がらないのか。そもそも必要性がないのか。最前線の場でBPMの意義を訴え続けてきたベンダー4社の担当者が、これまでの国内ユーザーの状況を振り返りながら語る。(進行は本誌編集長の田口 潤)写真:的野 弘路

PAGE TOP