データマネジメント データマネジメント記事一覧へ

[データマネジメント—“活用されるシステム”の極意]

突然の事業環境変化にデータマネジメントを対応させる 第4回

2011年1月21日(金)

情報システムを経営に生かす-その根源となるのはデータの品質である。SOA(サービス指向アーキテクチャ)やクラウドコンピューティングなど技術革新の 激しいITの世界だが、データ品質の維持管理の視点が欠けていては恩恵を享受することはできない。「活用されるシステム」を具現化するための、データマネ ジメントの勘所を解説する。

第4回は、企業統合や法令変更といった、自社を取り巻く経営環境が突然変化することによって発生するデータマネジメントの問題と、その対応策について説明する(第1回に説明した3つの問題のうち、図1のCの部分)。

データの品質低下は様々な要因で起こり得る
図1 データの品質低下は様々な要因で起こり得る

実際の現場に関わったことがない人と話をすると、「企業統合により、一方のシステムを他方のシステム統合する必要が発生したら、旧コードで運用している取引先などの関連システムに影響が出ないように、両システムのコード対応表を用意して運用するのだろう」と考えている人が多く見受けられる。しかし、そうは簡単に行かないところが、この領域のおもしろみでもある。

今回は、製造業の企業統合に伴うシステム統合のケースをもとに、データマネジメントで苦労した実際の事例を挙げる。現場感を味わいながらお読みいただきたい。

企業統合に伴って変更が必要な
データマネジメントの基本的な考え方

図2は、グローバルに展開している製造業B社が、従来使用していた旧ホストのシステムを捨て、買収した海外企業A社が使っている販売管理パッケージシステムに乗り換えたときの統合イメージだ。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】
  • 1
  • 2
バックナンバー
データマネジメント—“活用されるシステム”の極意一覧へ
関連記事

突然の事業環境変化にデータマネジメントを対応させる 第4回情報システムを経営に生かす-その根源となるのはデータの品質である。SOA(サービス指向アーキテクチャ)やクラウドコンピューティングなど技術革新の 激しいITの世界だが、データ品質の維持管理の視点が欠けていては恩恵を享受することはできない。「活用されるシステム」を具現化するための、データマネ ジメントの勘所を解説する。

PAGE TOP