データマネジメント データマネジメント記事一覧へ

[データマネジメント—“活用されるシステム”の極意]

経営を左右するデータマネジメント 第1回

2010年5月26日(水)

情報システムを経営に生かす-その根源となるのはデータの品質である。SOA(サービス指向アーキテクチャ)やクラウドコンピューティングなど技術革新の激しいITの世界だが、データ品質の維持管理の視点が欠けていては恩恵を享受することはできない。「活用されるシステム」を具現化するための、データマネジメントの勘所を解説する。

昨今の厳しい経済環境下では、今まで以上に“正しい現状の認識”に基づいた意思決定が企業経営に求められるようになっている。電子の世界が日常生活や企業運営の隅々にまで浸透した今日においては、現状とは「データ」という形に保存され、意思決定の根拠となっていることが極めて多い。しかしながら、データマネジメントに問題があるため、データが正しい意思決定をするための羅針盤になりえないという状況を、筆者は数多く目の当たりにしている。

本連載では、データマネジメントの重要性を実際に筆者が見た事例を中心に解説する。そして、読者の皆様が所属企業でデータマネジメントを実践し、事業の競争力強化につなげていくために必要なポイントを示していく。

第1回は、データマネジメントが必要となる背景を中心に、いくつかのケースをもとに解説する。

データマネジメントが必要となる背景

●営業マネジャーからこう言われたことはないか…?

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】
  • 1
  • 2
バックナンバー
データマネジメント—“活用されるシステム”の極意一覧へ
関連記事

経営を左右するデータマネジメント 第1回情報システムを経営に生かす-その根源となるのはデータの品質である。SOA(サービス指向アーキテクチャ)やクラウドコンピューティングなど技術革新の激しいITの世界だが、データ品質の維持管理の視点が欠けていては恩恵を享受することはできない。「活用されるシステム」を具現化するための、データマネジメントの勘所を解説する。

PAGE TOP