[市場動向]

序文 変化への対応力を今こそ高める

2011年10月4日(火)

21世紀型システムの必然性 In short, software is eating the world─(Webブラウザ「NetScape」を開発、現在はVCを経営しているMarc Andreessen氏)。 この言葉の意味はさておき、IT Leaders読者の皆様、およびスポンサー企業の皆様にまず、お礼を申し上げます。ゼロからスタートしたIT Leadersが3周年を迎えられるのは、まさしく皆様のおかげです。これからもよろしくお願いいたします。

“ソフトウェアが世界を食べる”

冒頭の言葉に戻ろう。これは「Why software is eating the world」と題した寄稿記事の一節だ(8月20日付けのTHE WALL STREET JOURNALに掲載)。「米国はリセッションしているのではなく、すべてがソフトウェア産業に移行している。我々は産業全体がソフトウェア化する、大きな技術的、経済的シフトの中にいる。変化をリードするのは米国企業であり、したがって経済の先行きを楽観している」。これがAndreessen氏の主旨だ。

同氏は「10年前と現在で、同等のシステムを動かす費用は月額15万ドルと1500ドルの違いがある。ブロードバンドのユーザー数は10年間に5000万人から20億人に増えた。次の10年で50億人がスマートフォンを持つ。このような低コスト化と需要増大の結果、グローバル経済はデジタル化する」と続ける。具体例として、米国の書店業界、音楽業界などを例に、ソフトウェアを武器にした新興勢力が、既存大手を退場に追いやる事態が進んでいる様を描く。

まさしく”ソフトウェアが世界を食べている”わけだ。その上で「ソフトウェア化は、デジタルに乗りやすい産業だけではなく、通信や流通、製造など他の産業へと波及する」と説く。結果として生じる被雇用者数の減少を過小評価している点など疑問も残るが、「産業全体がソフトウェア化する」という大きな変化が進んでいるのは事実だろう。

ITが人の脳に変化を引き起こす

このような見えにくい変化は、ほかにもある。著名な評論家であるニコラス・G・カーが著書、「THE SHALLOWS─What the Internet is Doing to our Brains」(邦題「ネットバカ─インターネットが私たちの脳にしていること」)で指摘したことは、別の変化の例だ。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

関連記事

序文 変化への対応力を今こそ高める 21世紀型システムの必然性 In short, software is eating the world─(Webブラウザ「NetScape」を開発、現在はVCを経営しているMarc Andreessen氏)。 この言葉の意味はさておき、IT Leaders読者の皆様、およびスポンサー企業の皆様にまず、お礼を申し上げます。ゼロからスタートしたIT Leadersが3周年を迎えられるのは、まさしく皆様のおかげです。これからもよろしくお願いいたします。

PAGE TOP