[ユーザー事例]

データの高度活用目指し 三位一体のチームを結成

データを“科学する”時代へ─ユーザー3社の事例

2013年6月19日(水)緒方 啓吾(IT Leaders編集部)

データ分析を取り巻く環境の変化をいち早く察知、マーケティング担当者やIT技術者とタッグを組んで、データ分析の専門チームを設置する企業も登場している。彼らは、どんな背景からこうした取り組みをスタートしたのか。Part4では、先行するユーザー企業3社の取り組みを紹介する。

 リクルートグループの情報インフラを開発、運用するリクルートテクノロジーズ。その中で、データ活用によるビジネス強化を担う「ビッグデータグループ」には、ビジネス、分析、ITの知識を兼ね備えた、データサイエンティスト約80名が集う。

 メンバーの中には、学会などのデータ分析コンテストで受賞歴を持つ、高度なスキルの持ち主も10名以上在籍。ビッグデータグループのオフィスでは、数式やグラフ関数を囲んで、メンバーが賑やかに意見を交換し合う。そんな光景があちこちで見られる。

 もちろん、これだけの人数を、一朝一夕に揃えられるものではない。同社は過去5〜6年間、データ分析のノウハウを持った専門家を、計画的に採用し続けており、その活動が実った格好だ。

リクルートテクノロジーズの西郷彰シニアアナリスト
リクルートテクノロジーズの西郷彰シニアアナリスト

 ビッグデータグループの西郷彰シニアアナリストは、飲料メーカーのマーケティング部門や、データ分析の専門ベンチャー起業などの経歴の持ち主。2009年の入社以来、データ分析の専門チームの立ち上げを推し進めてきた。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
関連キーワード

リクルート / NTTぷらら / ロイヤリティ マーケティング / データサイエンティスト / CDO

関連記事

Special

-PR-

データの高度活用目指し 三位一体のチームを結成データ分析を取り巻く環境の変化をいち早く察知、マーケティング担当者やIT技術者とタッグを組んで、データ分析の専門チームを設置する企業も登場している。彼らは、どんな背景からこうした取り組みをスタートしたのか。Part4では、先行するユーザー企業3社の取り組みを紹介する。

PAGE TOP