CIOコンピタンス CIOコンピタンス記事一覧へ

[海外動向]

【IAITAM ACE 2014 Spring】クラウド、モバイルが本格化する中で重要性増すIT資産管理

2014年6月30日(月)武内 烈=国際IT資産管理者協会

クラウドサービスが普及する中、欧米企業の間では、ハードウェアやソフトウェア、データ、利用するサービスといったIT資産をどう管理していくかが話題になっている。複雑化するIT資産管理に関わる情報を得る格好の場に、「IAITAM(International Association of IT Asset Managers:国際IT資産管理者協会)」が年に2回開催するカンファレンスがある。2014年4月29日から5月1日にかけては米ラスベガスで「IAITAM 2014 ACE(Annual Conference and Exhibition) Spring」(が開催された。同カンファレンスの概要を報告する。

 こうした資産管理の考え方が昔から存在したわけではないし、そもそも専任の人材がいたわけでもない。IAITAMの主催者や講演者の話を総合すると、欧米企業では調達部門でIT製品の調達に携わっていた人材を情報システム部門のIT資産管理チームの所属に転属させたり、法務部門や契約管理部門でIT関係の契約管理を担当していた人材を情報システム部門へ配属させたりといった形で、IT資産管理者を育成しているようだ。

 本題のIAITAM 2014 ACE Spring報告に戻ろう。参加者の多くは大手企業・組織の情報システム部門に所属しており、IT資産のライフサイクル管理を担っている。名札にある役職名には、IT Asset Manager、Software Asset Manager、IT Asset Management Professional、Enterprise Asset & Configuration Manager、Vendor Managerといった名称が示されていた。

 全セッションにおけるトピックの上位3つは、IT資産管理プログラム、IT資産管理プロセス、ケーススタディと例年と変わらない。だが、最近のトレンドを反映して、クラウド上のデータや、モバイル、BYODなどが上位に顔を出している。初日と2日目の基調講演を中心に、セッションのいくつかを紹介する。

基調講演(初日):ITサービス管理とIT資産管理は表裏一体

写真2:米Pink ElephantのGeorge Spalding上級副社長写真2:米Pink ElephantのGeorge Spalding上級副社長

 初日の基調講演を務めたのは、ITSM(ITサービス管理)やITIL教育・コンサルティングで知られる米Pink Elephantの上級副社長であるGeorge Spalding氏だ(写真2)。タイトルは「Pssssst! Don’t Look Now But Your Assets Aren’t Showing(あのね、まだどんな資産があるか分からないでしょ)」だった。

 Spalding氏は、「IT資産にはハードウェアやソフトウェアはもちろん、ネットワークやクラウドなど外部のサービスも含まれる。それを管理する上では稼働状況やサービス停止なども把握しなければならない。IT部門は、単に所在の有無やライセンス、契約状況を管理するだけでは済まないことを理解する必要がある」と指摘した。

 さらに「インターネットを中心としたサービスの利用では、その中断や停止は業務に直結する。社内システムも同じで、仮想化などが進みつつある中、何がどう使用されているかを管理するのが難しくなっている。IT資産管理は新たなフェーズに入った」と語っている。

 こうした固い話だけではない。Spalding氏は「エビ食べ放題レストラン」のサービスを例に、ITサービスのあり方を紹介した。「エビ食べ放題」に行く客は、エビを食べたいだけ食べることを目的にやってくる。ある客が注文したところ、次のような会話があったという。

:「エビ、ちょうだい」
ウェイトレス:「ごめんなさい、エビ食べ放題のエビがないんです」
:「はぁ?だって、ここはエビ食べ放題のレストランでしょ?」
ウェイトレス:「はい、でも、実はエビを輸送するための冷蔵車の故障がありまして・・・。その上、エビを保管する保冷倉庫でも、ちょっとした事故がありまして今日はエビがないんです。といいますか実は、そもそもはエビ漁の漁船の故障なども・・・」
:「いや、そんなこと言われても、ここはエビ食べ放題のレストランでしょ?エビ出してよ」

 実際のレストランでは、こんなシーンはまずお目にかかれない。だが、「ITのサービスではよくあること」(Spalding氏)という。ITサービスにサービス保証はつきものであり、そのためにはIT資産管理が必須ということである。「ユーザーはサービスの結果を求めているのであって、サービスの舞台裏の事情には関知しない。IT部門はそのことを留意すべきだ」(同)とのメッセージに、会場全体が熱気に包まれた。

基調講演(2日目):ライセンス監査の経験とIBPL参照アセスメントの実際

 2日目の基調講演は、米Ernst and young(E&Y)のPaul Walke氏(パートナー)と、Amit Jaju氏(アソシエート・ディレクタ)、Chris Massey氏(アシスタント・ディレクタ)の3氏が登壇。」「リスクの低減:180度から360度へ」と題し、ライセンス監査の経験談やIBPLを参照したアセスメントの実際、認定サービスについて話した。

 E&Yはグローバル組織に対するIT資産管理プロセスの評価サービスを提供している。その中にはライセンス監査も含まれる。つまりITベンダーからの委託を受けて、不正な利用がないかどうかをチェックしているわけだ。

関連記事

Special

-PR-

【IAITAM ACE 2014 Spring】クラウド、モバイルが本格化する中で重要性増すIT資産管理 [ 2/3 ] クラウドサービスが普及する中、欧米企業の間では、ハードウェアやソフトウェア、データ、利用するサービスといったIT資産をどう管理していくかが話題になっている。複雑化するIT資産管理に関わる情報を得る格好の場に、「IAITAM(International Association of IT Asset Managers:国際IT資産管理者協会)」が年に2回開催するカンファレンスがある。2014年4月29日から5月1日にかけては米ラスベガスで「IAITAM 2014 ACE(Annual Conference and Exhibition) Spring」(が開催された。同カンファレンスの概要を報告する。

PAGE TOP