[海外動向]

【PTC Live Global 2014 詳報】IoT/M2Mが求める企業の意識改革、モノを通じたサービス提供へ

2014年7月3日(木)志度 昌宏(DIGITAL X編集長)

CAD(Computer Aided Design:コンピュータによる設計)ソフトやPLM(Product Lifecycle Management:製品ライフサイクル管理)ツールを開発・販売する米PTCが2014年6月15日から18日(現地時間)にかけて、年次ユーザーカンファレンス「PTC live Global 2014」を米ボストンで開催した。基調講演などでは、製造業に向けた新たなビジョン「Closed Loop- Lifecycle Management」を提唱。IoT(Internet of Things:モノのインターネット)時代に向けて、ハードウェアの設計だけでなく、組み込みソフトの開発や、サービスビジネスまで、製品のライフサイクル全体の一元管理が重要だとした。こうした考え方は、実際にモノを作っていなくても、顧客を持つすべての企業にとって、「サービスとは何か」を考える際の参考になるはずだ。

 PTC Live Global 2014においては、最新版となる「ThingWorx Platform v5.0」を発表した。クラウドとオンプレミス、およびハイブリッド環境のいずれの組み合わせでも利用できる「サーバーフェデレーション」機能を実現。プログラミング言語として、Javaや.NET、C言語、およびiOSとAndroidのスマートフォン用のプログラミング環境のそれぞれに対応し、より多くの開発エンジニアがThingWorxを利用できるようにした。

 ファデル氏は、これら機能強化の意味について、「開発期間やコストを大幅に低減できるということは、市場ニーズへの即応はもとより、種々のアイデアを即座に具現化できることにもなる。企業は、より多くのイノベーションを起こせるようになる」と説明する。

 そしてLifecycle Management環境においては、ThingWorxで収集した機器の稼働状況などをPLM/SLM製品に連携させる役割を担う。製品設計の見直しや、予防保守、あるいは修理業務の効率向上などを可能にする。

 Closed-Loop Lifecycle Managementで先行するのがSLM環境である。PTC Live Global 2014では「PTC SLM System」を発表。従来、顧客サポートや部品の在庫や情報の管理、保証管理などの業務別に分かれていたシステムを統合するほか、IoT環境で収集した製品の使用状況や稼働状況を可視化したり分析したりできる環境の実現を目指す(写真7)。

写真7:「PTC SLM System」の概念図写真7:「PTC SLM System」の概念図
拡大画像表示

 PTCのSLM環境は、2012年に買収したServigisticsの製品が核になっている。保守部品管理や、保証対応、フィールドエンジニア管理、コールセンターマネジメントなど、そのカバー範囲は広い。SMLソリューション担当シニアVPのブライアン・リンダウアー氏は、「サービス関連情報の連携が十分に図れていないのが現状だ。SLM Systemでは、ThingWorxを使った連携を図り、ERP(Enterprise Resource Planning)やSCM(Supply Chain Management)のサブシステムではない、サービス事業のための専用システムを実現する」と意気込む。

組み込みソフトにおけるモデルベース開発の強化へ

 SCPの開発においては、ヘプルマン氏の指摘を紹介したように、組み込みソフトウェアをどう開発するかが重要になってくる。ここに向けてPTCは、モデルベース開発の仕組みの強化に動いた。 具体的には、モデルベースのシステムエンジニアリングに強い英Ategoの買収だ。

 モデルベース開発とは、製品のアーキテクチャをモデル化することで、部品の共通化を図ったり、ハードウェアとソフトウェアのそれぞれに持たせる機能の最適化を図ったりするための考え方や手法である。モデル化によりシミュレーションが可能になるため、実際にハード/ソフトを開発する前の最適化が可能になるわけだ。

写真8:CADセグメント担当上級副社長のマイケル・キャンベル氏写真8:CADセグメント担当上級副社長のマイケル・キャンベル氏
拡大画像表示

 PTCは今後、Ategoの製品やテクノロジーをALM(Application Lifecycle Management)製品に取り込んでいく。加えて、PTCのCADソフトである「PTC Creo」においても、CADセグメント担当上級副社長のマイケル・キャンベル氏は、「次世代バージョン(PTC Creo 4.0)では、モデルベース開発に関連する機能強化を図る予定だ」と明かす。Creo 4.0では、「ThingWorxのIoT関連の知見も取り込んでいく」(同)という(写真8)。

 モデルベース開発は、ソフト化が進む製造業において、その重要性が高まっている。競合する米シーメンスPLMソフトウェアも、モデルベース開発の強化に動いている。米IBMも先頃開催したソフト開発関連の年次イベント「Innovate 2014」で、その重要性を強調(関連記事『【Innovate 2014】ここまで来ているエンタープライズDevOps、必要なのは“信頼”の基盤』)。IBMの製造業向け開発手法「Concurrent Engineering」において、シミュレーションを含めた機能強化を図っている。

関連記事

Special

-PR-

【PTC Live Global 2014 詳報】IoT/M2Mが求める企業の意識改革、モノを通じたサービス提供へ [ 4/5 ] CAD(Computer Aided Design:コンピュータによる設計)ソフトやPLM(Product Lifecycle Management:製品ライフサイクル管理)ツールを開発・販売する米PTCが2014年6月15日から18日(現地時間)にかけて、年次ユーザーカンファレンス「PTC live Global 2014」を米ボストンで開催した。基調講演などでは、製造業に向けた新たなビジョン「Closed Loop- Lifecycle Management」を提唱。IoT(Internet of Things:モノのインターネット)時代に向けて、ハードウェアの設計だけでなく、組み込みソフトの開発や、サービスビジネスまで、製品のライフサイクル全体の一元管理が重要だとした。こうした考え方は、実際にモノを作っていなくても、顧客を持つすべての企業にとって、「サービスとは何か」を考える際の参考になるはずだ。

PAGE TOP