[市場動向]

「IoTに取り組むなら社会活動を変える勇気が必要」TRONの父、東大・坂村教授

2015年12月14日(月)志度 昌宏(DIGITAL X編集長)

IoT(Internet of Things:モノのインターネット)を事業に生かそうと、全世界で多くのプロジェクトが動き出している。そうした中、日本発のプラットフォームとして注目を集めるのがTRON。発案者である東京大学の坂村 健 教授は今も、住宅やスマートシティを含め、今日のIoTアプリケーションの実現を推進している。東京大学医療社会システム工学寄付講座とベリサーブが2015年12月2日に開いた共同シンポジウムの基調講演に登壇した坂村氏の「IoTの可能性と課題」と題した講演から紹介する。

IoTで重要なのは「現実社会を知ること」

 その坂村教授は、IoT(またはユビキタス)で重要なのは、「現実社会がどうなっているかを知る(Aware)ことだ」と指摘する。例えば、家庭におけるエネルギー消費を管理する「HEMS(Home Energy Management System)」においても、「従来は、家庭内にある機器をコントロールすることに主眼があった。だが今は、利用状況をモニターし、使用状況を知ることで最適化を図るのが狙い」(同)である。

 現実社会を知るための仕組みとして、坂村教授が推進するのが、「Ucode」と、それを扱うための「uIDアーキテクチャ2.0」である。Ucodeは、場所や物の位置を把握するための基準点として物理的に付加するユニークな128ビットのコードである。このUcodeを種々のアプリケーションが利用できるようにする仕組みがuIDアーキテクチャ2.0になる。

 坂村教授は、「Ucodeは、IoTの土台になる」と強調する。その理由は、「モノを区別する必要があるため」だ。現在、インターネット上でのデバイスや個人の特定には、IPアドレスなどが利用されている。だが、「例えばPCを刷新しても同じIPアドレスを使えば、PCは区別できない。モノは廃棄すれば消えてしまうのだから、すべてのモノには固有番号がいる」(同)。

 場所の特定においてもUcodeが有効とする。「人などがいる場所を特定したい時、現在の主流はGPS(Global Positioning System:全地球測位システム)だが誤差が大きい。Ucodeを道路に埋め込めば、道路自体が端末になり、現在位置を道路から直接、知ることができるようになる。精度が高まれば、視覚障がい者向けアプリケーションなどを含め、応用範囲がさらに広がる」と、坂村教授は言う。

 Ucodeの普及に向けて坂村教授は、インターネットのIPv6化の重要性を指摘した。日本ではIPv6の必要性は早くから指摘されていきたが「実際には逆に普及度が低いのが実状。その背景には、「IPv6は有効だが、高度なCPUがいるという矛盾があった」(同)。しかし、その点も「低消費電力な無線通信のためのサブセットである6LowPAN(IPv6 over Low power Wireless Personal Area Networks)の登場で解消されている。今こそ、IPv6への移行を推進すべきだ」と訴えた。

 IoTの応用範囲は、エネルギーから交通、インフラ、防災、物流、食品トレーサビリティーなどと幅広く想定されている。いずれも、末端の機器などをネットにつなげる仕組みと、そこで得たデータを蓄積・分析するクラウド、その両者をつなぐための通信プロトコルとしてのインターネットという組み合わせは変わらない。ただ、従来と異なるのは、「末端がネットに直接つながること。これまでは、LAN経由を想定されていた」と坂村教授は振り返る。

 もう1つの違いが、「インプリ技術の変化」(坂村教授)。かつてなら大がかりな仕組みが必要だったものが、現在なら比較的に容易に実現できる。結果、コストも大きく変わってくる。

 具体例として坂村教授が挙げたのが、スマートハウス。1989年に“電脳住宅”として開発した「TRON Intelligent House」では、300台のワークステーションをP2P(Peer to Peer)接続したため、ケーブルの収容スペース確保が課題になった。2004年にトヨタ自動車と研究用に建築した「PAPI」では、150坪のスマートハウスに「10億円以上かかった」と明かす。それが今では、坂村教授が携わる台湾の「花蓮」プロジェクトでは、「スマートハウス700戸を一般に分譲できるまでになっている」(同)という。

クラウド時代になりTRONもオープンAPIを推進

 ユビキタスとIoTのコンセプトが同根だとしても、スマートハウスの例のように、利用するテクノロジーは違っている。TRONにおいても次のテーマは、クラウド対応とAPI(Application Programming Interface)の提供である。

 クラウドについて坂村教授は、「(ユビキタスの実現のために考え、開発してきた様々な)機能を分解し、それらを空間に振りまきネットで再構成するのが今の流れ。そこでのクラウドは、CPU群とメモリーである」と説明。ネット化で話題になるセキュリティ問題についても「クラウド側に大半の機能を置けば、大きな問題にはならない」とした。

 つまり、ネットへの接続を前提に端末側はシンプルにし、高度な処理やセキュリティ対策はクラウド側で実行するという形だ。ネットへの直結が前提になるが、組み込み以上のセキュリティが確保できる。「ビッグデータや、その分析に向けた機械学習のDeep Learning(深層学習)を考慮してもクラウド化は自然だ。今の携帯電話のように、端末に機能を凝縮さえせるのは間違いだ」(坂村教授)とも言う。

関連記事

Special

-PR-

「IoTに取り組むなら社会活動を変える勇気が必要」TRONの父、東大・坂村教授 [ 2/3 ] IoT(Internet of Things:モノのインターネット)を事業に生かそうと、全世界で多くのプロジェクトが動き出している。そうした中、日本発のプラットフォームとして注目を集めるのがTRON。発案者である東京大学の坂村 健 教授は今も、住宅やスマートシティを含め、今日のIoTアプリケーションの実現を推進している。東京大学医療社会システム工学寄付講座とベリサーブが2015年12月2日に開いた共同シンポジウムの基調講演に登壇した坂村氏の「IoTの可能性と課題」と題した講演から紹介する。

PAGE TOP