開発ツール/プラットフォーム 開発ツール/プラットフォーム記事一覧へ

[新製品・サービス]

アシスト、Webアプリケーションの高速開発を支援するセットを提供

2017年9月19日(火)IT Leaders編集部

アシストは2017年9月15日、Webアプリケーションを高速に開発するための基盤製品「AEDAN内製パックWebアプリケーション開発版」を発表、同日提供を開始した。BRMS(ビジネスルール管理システム)とWebアプリケーション自動生成ソフトを組み合わせて提供する。最小構成価格(税別)は、月額29万5900円から。販売目標は、2018年9月までに12ライセンス。

 AEDAN内製パックWebアプリケーション開発版は、Webアプリケーションの開発基盤ソフトである。システムを高速に開発することと、保守性の高いシステムを実現することを両立する。

 2つの製品を組み合わせて提供する。米Progress Softwareが開発したビジネスルール管理ソフト「Progress Corticon」と、キヤノンITソリューションズが開発したWebアプリケーション自動生成ソフト「Web Performer」である。

 Progress Corticonによって、ビジネスルールをWebアプリケーションから切り離すことができる。これにより、システムの保守性が高まる。一方、Web Performerによって、開発者のスキルに依存することなく素早くWebアプリケーションを開発できる。

関連記事

アシスト、Webアプリケーションの高速開発を支援するセットを提供 アシストは2017年9月15日、Webアプリケーションを高速に開発するための基盤製品「AEDAN内製パックWebアプリケーション開発版」を発表、同日提供を開始した。BRMS(ビジネスルール管理システム)とWebアプリケーション自動生成ソフトを組み合わせて提供する。最小構成価格(税別)は、月額29万5900円から。販売目標は、2018年9月までに12ライセンス。

PAGE TOP