[新製品・サービス]

NTT Com、SaaS型ITサービスのServiceNowを国内DCから提供

2017年10月6日(金)IT Leaders編集部

NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は2017年10月5日、ServiceNow Japanが販売しているSaaS型のITサービス管理ツール「ServiceNow」を、NTT Comの国内データセンターから提供すると発表した。様々な業務プロセスを最適化でき、データをすべて国内に保持したいニーズにも対応する。

 ServiceNowは、SaaS型のITサービス管理ツールである。要件に合わせて容易に利用可能なポータル、データベース、ワークフロー、開発環境、機械学習機能を擁する単一基盤上で、ITSM(IT Service Management)、カスタマーサービス、セキュリティオペレーション、人事管理サービスを提供する。様々なビジネスプロセスやタスクを、構造化された単一のデータベースとワークフローで適切に運用することが可能になる。

 NTT Comは今回、国内にあるNTT Comのデータセンター「Nexcenter」にServiceNowの基盤を構築した。これにより、海外のデータセンターを利用することなく、日本国内に閉じた形でServiceNowのサービスを利用できるようになった。金融・公共分野などを中心に第三国へのデータの移動を望まないユーザーのニーズに対応する。

 NTT Comのコンサルティングや導入支援・運用までを含めた一元的なサポートを提供することで、様々な業務プロセスをデジタル化・最適化し、業務の精度と効率性の向上を支援する。

関連記事

NTT Com、SaaS型ITサービスのServiceNowを国内DCから提供 NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は2017年10月5日、ServiceNow Japanが販売しているSaaS型のITサービス管理ツール「ServiceNow」を、NTT Comの国内データセンターから提供すると発表した。様々な業務プロセスを最適化でき、データをすべて国内に保持したいニーズにも対応する。

PAGE TOP