開発ツール/プラットフォーム 開発ツール/プラットフォーム記事一覧へ

[新製品・サービス]

軽量版クラウドCMS「MovableType.net」にワークフロー機能を搭載―シックス・アパート

2017年10月17日(火)日川 佳三(IT Leaders編集部)

シックス・アパートは2017年10月17日、簡単に素早く使い始められることを重視したクラウド型のCMS(Webコンテンツ管理システム)である「MovableType.net」を強化し、承認ワークフロー機能を追加したと発表した。コンテンツの承認を経てから公開する、という流れを実現できる。

図1●MovableType.netに承認ワークフロー機能を搭載した(出所:シックス・アパート)図1●MovableType.netに承認ワークフロー機能を搭載した(出所:シックス・アパート)
拡大画像表示

 CMSとは、企業のWebサイトや商品紹介サイトのように、定期的に更新する必要があるWebサイトを、簡単に構築・運営できるようにするソフトのことである。個々のWebページを構成するテキストや画像などの要素を、Web画面から登録することによってWebサイトを更新していける。

 MovableType.netは、同社が販売しているCMSのラインアップの中で、最も安価に利用できるサービスである。機能の豊富さよりも、手軽に利用を開始できることを重視している。例えば、クラウド型の上位サービス「Movable Typeクラウド版」と比べると、すべての作業をWeb画面を介して行う必要があるなど、機能を簡素化している。

 今回の強化では、Webコンテンツを登録・更新する際の承認ワークフロー機能を追加した。制作したコンテンツのレビューから公開までのやりとりを、CMSの管理画面の中で進めることができる。

 ワークフローの権限は、コメントができる「レビュアー」と、コメントに加えて承認ができる「承認者」の2種類である。承認経路が異なるワークフローを複数設定し、コンテンツごとに使い分けられる。MovableType.netのアカウントを持っていない外部の関係者も、電子メールアドレスだけで「レビュアー」や「承認者」とすることができる。

 背景として、現在では規模の大小を問わず多くのWebサイトにおいて、コンテンツの制作から公開までに複数の関係者による確認や承認といったプロセスが生じており、ワークフロー機能へのニーズが高まっているという状況がある。

 ワークフロー機能は、MovableType.netのスタンダードプランとプロプランで利用できる。MovableType.netの価格(税別)は、以下の通り。

 (a)ライトプラン(ブログ数5、ユーザー数5、容量5GB、転送量100GB/月)が月額2500円または年額2万5000円。

 (b)スタンダードプラン(ブログ数10、ユーザー数10、容量10GB、転送量200GB/月、ワークフロー数5)が月額4500円または年額4万5000円。

 (c)プロプラン(ブログ数25、ユーザー数25、容量25GB、転送量400GB/月、ワークフロー数10)が月額7500円または年額7万5000円。

関連キーワード

CMS

関連記事

軽量版クラウドCMS「MovableType.net」にワークフロー機能を搭載―シックス・アパート シックス・アパートは2017年10月17日、簡単に素早く使い始められることを重視したクラウド型のCMS(Webコンテンツ管理システム)である「MovableType.net」を強化し、承認ワークフロー機能を追加したと発表した。コンテンツの承認を経てから公開する、という流れを実現できる。

PAGE TOP