[新製品・サービス]

LANを介して仮想サーバーとつながる電話回線ボックス、NTTデータ先端技術が販売

2017年10月18日(水)日川 佳三(IT Leaders編集部)

NTTデータ先端技術は2017年10月18日、サーバーから電話回線を使えるようにするテレフォニー装置「VOISTAGEマルチメディアボックス」の新モデルとして、LAN経由でサーバーと接続できる「VOISTAGEマルチメディアボックス VS-2301LB」を発表、同日販売を開始した。クラウド上の仮想サーバーから電話回線を利用できるようになる。

 VOISTAGEマルチメディアボックスは、サーバーから電話回線(INSネット1500やアナログ回線)を使えるようにする、外付けのアプライアンス装置である。サーバー上で、音声応答、ファクス応答、通話録音などが可能になる。コールセンター業務やファクス送受信業務など、電話回線を利用する業務アプリケーションを実現できる。

写真1●VOISTAGEマルチメディアボックス VS-2301LBとVS-401LBの外観(出所:NTTデータ先端技術)写真1●VOISTAGEマルチメディアボックス VS-2301LBとVS-401LBの外観(出所:NTTデータ先端技術)
拡大画像表示

 従来、サーバーから電話回線を使えるようにするハードウェアは、PCIバスに接続して使うサーバー内蔵型のテレフォニーカードや、USBケーブルを介してサーバーに接続する外付けアプライアンスが主だった。今回、USBケーブルの代わりにネットワーク接続によってサーバーとつなげられるモデルを用意した。

 サーバーとネットワーク接続できることから、物理サーバーを用意する必要がなくなった。クラウドサービスやプライベートクラウド上の仮想サーバーから、ネットワークを経由して、電話回線を扱えるようになった。例えば、サーバーをデータセンターに設置し、「03」や「06」など地域固有の電話番号を通知したい店舗や支店にマルチメディアボックスのみを設置するなど、柔軟な運用環境を実現できる。

 価格(税別)は、以下の通り。INSネット1500を収容する「VS-2301LB」は、249万円で、10月18日に販売を開始した。アナログ回線を4回線収容する「VS-401LB」は、59万8000円で、2018年1月に販売を開始する予定である。販売目標は、2020年度末までに10億円。

関連記事

LANを介して仮想サーバーとつながる電話回線ボックス、NTTデータ先端技術が販売NTTデータ先端技術は2017年10月18日、サーバーから電話回線を使えるようにするテレフォニー装置「VOISTAGEマルチメディアボックス」の新モデルとして、LAN経由でサーバーと接続できる「VOISTAGEマルチメディアボックス VS-2301LB」を発表、同日販売を開始した。クラウド上の仮想サーバーから電話回線を利用できるようになる。

PAGE TOP