[新製品・サービス]

広域ネットワークをポータルからオンデマンドで動的に調達―Coltテクノロジーサービス

2017年10月19日(木)日川 佳三(IT Leaders編集部)

グローバル拠点にまたがった広域イーサネット接続サービスを手掛けるColtテクノロジーサービス(以下、Colt)は2017年10月19日、ユーザー自身がポータル画面からオンデマンドで広域イーサネット回線をON/OFFしたり増減速したりできるサービスを国内で提供すると発表した。さらに同日、東京と大阪に次いで名古屋にメトロエリアネットワークを開通させた。グローバルでは50拠点めとなる。

図1●拠点間をエンドツーエンドでつなぐ広域ネットワークをポータル経由でオンデマンドで調達できる(出所:Coltテクノロジーサービス)図1●拠点間をエンドツーエンドでつなぐ広域ネットワークをポータル経由でオンデマンドで調達できる(出所:Coltテクノロジーサービス)
拡大画像表示

 Coltは、グローバルで広域イーサネット接続サービスを提供している通信事業者である。グローバルで800拠点を超えるデータセンターと、2万4500件を超える商業ビルを、Coltが自前で保有している光ファイバ設備を用いて接続している。このため、拠点同士をColtのネットワークだけでエンドツーエンドで接続できる。

写真1●Coltテクノロジーサービスで代表取締役社長を務め、英Colt GroupでアジアCCO兼アジア代表を務める日置健二氏写真1●Coltテクノロジーサービスで代表取締役社長を務め、英Colt GroupでアジアCCO兼アジア代表を務める日置健二氏
拡大画像表示

 「Coltは自前で光ファイバを引いており、他社から借りなくてもサービスを提供できる。このため、競合する通信事業者と比べて、価格面でも管理面でも優位に立っている」と、Coltテクノロジーサービス代表取締役社長の日置健二氏はアピールする。他社から回線を借りなければならない場合も、海外接続を含むネットワーク設備の多くをColtから提供できるとしている。

 今回、クラウドサービスにおいて仮想サーバーやストレージを調達するように、ネットワーク設備についても、ポータル画面からオンデマンドで調達できるようにするサービスを国内でも開始した。ポータル画面ではまず、拠点Aと拠点Bのネットワーク終点ポートを作成し、これを接続するネットワークを設定する。Amazon Direct ConnectやAzure ExpressRouteを使ってAWSやAzureに接続する設定もできる。

画面1●ロンドン拠点とパリ拠点をつないだ広域ネットワークをオンデマンドで調達しているポータル画面画面1●ロンドン拠点とパリ拠点をつないだ広域ネットワークをオンデマンドで調達しているポータル画面
拡大画像表示

 ポータルからは、ネットワークの開設だけでなく、ネットワーク帯域を動的に増減したり、ネットワークをON/OFFしたりできる。負荷が高い場合は帯域を増やして対応できるほか、まったく使わないときはOFFにしてコストを抑えるといった運用ができるようになる。課金は、時間単位の従量制のほか、契約期間に応じた固定額も選択可能である。

 2017年度には、Coltのネットワークが届くエリアを増やし、東京エリアと大阪エリアのカバー範囲を倍増させた。東京と大阪で、150カ所のデータセンターと、2200カ所の商業ビルをカバーしているという。なお、香港では主要な商業ビルの80%、シンガポールでは主要な商業ビルの90%にColtの光ファイバが届いている。

 ユーザー企業の拠点までColtの回線が届いていない場合には、工事で新設するか、他の通信事業者の設備を借りることで、サービスを提供できる。Coltでは、他の通信事業者の設備とColtの設備を相互に動的につなぐためのAPIも用意している。AT&Tとの間でPoC(概念実証)システムも動かしている。

関連記事

広域ネットワークをポータルからオンデマンドで動的に調達―Coltテクノロジーサービスグローバル拠点にまたがった広域イーサネット接続サービスを手掛けるColtテクノロジーサービス(以下、Colt)は2017年10月19日、ユーザー自身がポータル画面からオンデマンドで広域イーサネット回線をON/OFFしたり増減速したりできるサービスを国内で提供すると発表した。さらに同日、東京と大阪に次いで名古屋にメトロエリアネットワークを開通させた。グローバルでは50拠点めとなる。

PAGE TOP