[市場動向]

CTCが「AIビジネス推進部」を新設、3年後に全社で50億円規模を目指す

2017年10月30日(月)日川 佳三(IT Leaders編集部)

伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は2017年10月30日、人工知能(AI)事業の拡大とAI人材の育成と強化を目的に、2017年11月1日付けで「AIビジネス推進部」を新設すると発表した。幅広い分野でAIビジネスを推進し、3年後に全社で50億円規模への成長を目指す。

 AIビジネス推進部は、主に4つの役割を担う。

  1. AI戦略策定、およびCTC独自のAIソリューションの開発
  2. AI開発支援
  3. 外部パートナー企業との連携
  4. AI人材の育成

 (1)では、市場動向調査をベースに、CTCとしてのAIの技術戦略を策定する。この上で、独自の技術体系を利用して、最先端のAI関連技術の検証を行い、ユーザーが短期間で利用できるようにサービス化やパッケージ化を行う。

 (2)では、AI技術を活用して新製品やサービスを開発したり、AIを活用して業務を効率化したりすることを検討しているユーザーに対し、新組織の技術者と、産業知識を持つ各事業グループの技術者が連携し、AIの導入と商用化の支援を行う。

 (3)では、最先端の技術を持つ国内外ベンチャー企業およびパートナー企業との提携・協業を推進する。これにより、パートナーとの共同ビジネスの展開や先進的な技術力の向上を図る。

 (4)では、専用の教育プログラムを開発・運営する。これにより、深刻化するAI人材不足に対応し、社内外の技術者を育成する。

 なお、CTCはすでに、グリッドの機械学習/深層学習フレームワーク「ReNom」や、米NVIDIA社のスーパーコンピュータ「DGXシリーズ」の取り扱いを開始している。また、AI開発のプロセスと技術を体系化し、AI開発の基盤となるクラウドソフト「CTC Integrated AI Platform Stack」の提供も開始している。

関連キーワード

AI

関連記事

CTCが「AIビジネス推進部」を新設、3年後に全社で50億円規模を目指す 伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は2017年10月30日、人工知能(AI)事業の拡大とAI人材の育成と強化を目的に、2017年11月1日付けで「AIビジネス推進部」を新設すると発表した。幅広い分野でAIビジネスを推進し、3年後に全社で50億円規模への成長を目指す。

PAGE TOP