[新製品・サービス]

富士通がSANストレージを刷新し処理性能を30%向上、ETERNUS AFと同DX

2017年11月6日(月)日川 佳三(IT Leaders編集部)

富士通は2017年11月6日、外部ストレージ「ETERNUS」のラインアップを刷新し、SAN(FC、iSCSI)ストレージの新モデル4機種を発表した。オールSSD構成の「FUJITSU Storage ETERNUS AF」シリーズ2機種と、SSD/HDDハイブリッド構成の「FUJITSU Storage ETERNUS DX」シリーズのミッドレンジモデル2機種である。12月18日に出荷する。

 新機種は、データベースやサーバー仮想化などの代表的なシステム用途において、データ処理性能を従来比で約30%向上させたとしている。装置全体のデータ処理を最適化する独自技術によって、CPU利用効率を向上させた。メモリー容量は、従来比で最大4倍とした。FC(FibreChannel)インタフェースの帯域は従来の2倍となる32Gbpsとした。

写真1●FUJITSU Storage ETERNUS AF250 S2 オールフラッシュアレイの外観(出所:富士通)写真1●FUJITSU Storage ETERNUS AF250 S2 オールフラッシュアレイの外観(出所:富士通)
拡大画像表示

 新機種ではまた、既存のストレージシステムからデータを移行する際に、業務システムを停止させることなく移行できるように、専用の機能を搭載した。これにより、サービスを継続したまま、ストレージを切り替えられるようになった。

 新機種の仕様と価格は、表の通り。

新機種の仕様と価格
製品名 主な仕様 販売価格(税別)
FUJITSU Storage ETERNUS AF250 S2
オールフラッシュアレイ
メモリー64GB
2~48ドライブ
最大737TB
323万2000円から
FUJITSU Storage ETERNUS AF650 S2
オールフラッシュアレイ
メモリー512GB
2~192ドライブ
最大2949TB
1927万6000円から
FUJITSU Storage ETERNUS DX500 S4
ハイブリッドストレージシステム
最大256GB
2~528ドライブ
最大5280TB
882万4000円から
FUJITSU Storage ETERNUS DX600 S4
ハイブリッドストレージシステム
最大512GB
2~1056ドライブ
最大10560TB
1251万1000円から
関連記事

富士通がSANストレージを刷新し処理性能を30%向上、ETERNUS AFと同DX 富士通は2017年11月6日、外部ストレージ「ETERNUS」のラインアップを刷新し、SAN(FC、iSCSI)ストレージの新モデル4機種を発表した。オールSSD構成の「FUJITSU Storage ETERNUS AF」シリーズ2機種と、SSD/HDDハイブリッド構成の「FUJITSU Storage ETERNUS DX」シリーズのミッドレンジモデル2機種である。12月18日に出荷する。

PAGE TOP