[事例ニュース]

三井住友銀行がAmazon Echoで残高照会や入出金明細照会、NECがAWSでシステム構築

2017年11月15日(水)日川 佳三(IT Leaders編集部)

NECは2017年11月15日、三井住友銀行と共同で、「Amazon Alexa」に対応した音声操作による金融サービスを提供するシステムを構築したことを発表した。三井住友銀行は11月8日、「Amazon Echo」の出荷開始に合わせて本サービスの提供を開始することを発表している。

 三井住友銀行は、Amazon Echoの出荷開始に合わせて、音声操作による金融サービスを提供する。同社のインターネットバンキング「SMBCダイレクト」の利用者で、なおかつAmazon Echoの端末を持っている人は、Amazon Echoに話しかけることで、残高照会や入出金明細照会(直近5件の明細を照会)ができるようになる。

図1●Amazon Echoを使った残高照会の利用イメージ(出所:三井住友銀行)図1●Amazon Echoを使った残高照会の利用イメージ(出所:三井住友銀行)
拡大画像表示

 三井住友銀行では、アマゾンジャパンがAmazon Echoの国内提供を発表した2017年11月8日と同日に、Amazon Echoを用いた音声操作による金融サービスを提供することを発表している。

 NECは今回、同システムを三井住友銀行と共同で構築したことを発表した形である。システムの基盤としてクラウドサービスのAWS(Amazon Web Services)を使っている。

関連記事

三井住友銀行がAmazon Echoで残高照会や入出金明細照会、NECがAWSでシステム構築 NECは2017年11月15日、三井住友銀行と共同で、「Amazon Alexa」に対応した音声操作による金融サービスを提供するシステムを構築したことを発表した。三井住友銀行は11月8日、「Amazon Echo」の出荷開始に合わせて本サービスの提供を開始することを発表している。

PAGE TOP