[市場動向]

「買収したAvayaとBrocadeの製品技術をサポートし続ける」、新生エクストリームが会見

2017年11月16日(木)日川 佳三(IT Leaders編集部)

「製品ロードマップは簡単だ。ユーザー企業の需要に合わせて決めているだけだ。顧客が第一で、顧客の投資の保護が大切だ。買収した2社の製品を含め、3社それぞれの技術に投資し続ける」――。エクストリームネットワークスは2017年11月16日、都内で会見し、大手ネットワーク機器ベンダーの買収を経た現在の新生エクストリームネットワークスの製品ロードマップについて説明した。

図1●米Extream Networksは昨今、米Avayaのネットワーク事業と米Brocade Communications Systemsのネットワーク事業を買収している(出所:エクストリームネットワークス)図1●米Extreme Networksは昨今、米Avayaのネットワーク事業と米Brocade Communications Systemsのネットワーク事業を買収している(出所:エクストリームネットワークス)
拡大画像表示

 米Extreme Networksは昨今、米Avayaのネットワーク事業と、米Brocade Communications Systemsのネットワーク事業を買収している。これにより、企業情報システム向けのネットワーク機器で、米Cisco Systemsと米Hewlett-Packard Enterpriseに次ぐ第3位のシェアになった。

 こうして生まれた新生Extreme Networksの製品ロードマップについて同社は、これまでの3社の技術を残すと明言した。3社それぞれのユーザーの需要に応え、サポートし続けるという。例えば、共通ハードウェアと共通の基盤OS(Linux)を使いつつ、3社のソフトウェアのうち好きなものをダウンロードして使えるようにする。

 3社それぞれのCLI(コマンドラインインタフェース)の知識など、習得したネットワーク管理スキルが無駄にならないようにする。さらに、運用管理ソフトを3社の垣根を越えて共通して使えるようにする。例えば、米Avayaのネットワーク管理ソフトを使って米Brocade Communications Systemsの機器を管理するといったことができるようにする。

写真1●米Extream Networksで最高経営責任者(CEO)を務めるEd Meyercord氏写真1●米Extreme Networksで最高経営責任者(CEO)を務めるEd Meyercord氏
拡大画像表示

 ポイントはソフトウェアに注力することだと同社は言う。ハードウェアについては、例えばオフィスなどのキャンパスネットワーク向けは、ODMベンダーが開発した汎用ハードウェアを使い、汎用のLinux OSを動作させる。この上で、各種のソフトウェアを動作させてユーザーが求める機能を備えたネットワーク機器に仕上げる。

 ソフトウェアに注力する背景には、ネットワークにつながるデバイスの増加といった環境の変化によって、ネットワークの管理が複雑で難しくなっていくという状況がある。一方で、ネットワーク管理者のスキルが追い付いていかないので、新しい製品が必要になってくる。ネットワークを可視化して理解するために、ソフトウェアが重要になるという。

 日本法人のエクストリームネットワークスでは、2017年10月28日付けで、大野欽司氏が執行役員社長に就任した。大野氏は会見で、「大企業に牛耳られているネットワーク業界に一石を投じる」と意気込みを語った。

関連記事

「買収したAvayaとBrocadeの製品技術をサポートし続ける」、新生エクストリームが会見「製品ロードマップは簡単だ。ユーザー企業の需要に合わせて決めているだけだ。顧客が第一で、顧客の投資の保護が大切だ。買収した2社の製品を含め、3社それぞれの技術に投資し続ける」――。エクストリームネットワークスは2017年11月16日、都内で会見し、大手ネットワーク機器ベンダーの買収を経た現在の新生エクストリームネットワークスの製品ロードマップについて説明した。

PAGE TOP