[新製品・サービス]

クラウド会計ソフトfreeeがSlackとAPI連携、ワークフローの承認や却下がSlack上に可能に

2017年11月17日(金)日川 佳三(IT Leaders編集部)

freeeは2017年11月17日、クラウド会計ソフトfreeeが法人向けチャットサービス「Slack」とAPI連携したと発表した。クラウド会計ソフトfreeeで申請した経費精算、支払依頼、稟議ワークフローなどの通知がSlackに届き、Slack上で承認や差戻し、却下などの操作を行えるようになった。

 Slack APIを使って、クラウド会計ソフトfreeeをSlackとAPI連携させた。具体的には、クラウド会計ソフトfreee上で行った経費精算、支払依頼、稟議ワークフローなど、申請から承認に至る一連のコミュニケーションを、申請者と承認者のSlack IDに通知するようにした。

図1●Slack上のワークフローイメージ(出所:freee)図1●Slack上のワークフローイメージ(出所:freee)
拡大画像表示

 以下のアクションが行われた際に、承認、却下、差戻しの操作、申請結果の確認が可能になる

  • 申請の承認依頼が承認者に届いた時
  • 申請に承認者からコメントが付いた時
  • 申請が承認、差戻し、却下された時

 なお、Slackは、米Slack Technologiesが提供する法人向けのチャットサービスである。クラウドサービスとして提供している。チーム内で議題を共有して議論するチャット機能を中心に、ファイル共有や音声通話などができる。Webブラウザのほか、各OS向けのアプリケーションを介して利用できる。

関連記事

クラウド会計ソフトfreeeがSlackとAPI連携、ワークフローの承認や却下がSlack上に可能にfreeeは2017年11月17日、クラウド会計ソフトfreeeが法人向けチャットサービス「Slack」とAPI連携したと発表した。クラウド会計ソフトfreeeで申請した経費精算、支払依頼、稟議ワークフローなどの通知がSlackに届き、Slack上で承認や差戻し、却下などの操作を行えるようになった。

PAGE TOP