[新製品・サービス]

ベリタスが分散オブジェクトストレージソフトを発表、ファイルを自動分類してメタデータを付与

2017年11月30日(木)日川 佳三(IT Leaders編集部)

ベリタステクノロジーズは2017年11月30日、SDS(ソフトウェア定義型ストレージ)ソフトの1つとして、分散型オブジェクストレージソフトの新製品「Veritas Cloud Storage」を発表した。2017年12月4日から提供する。大量の非構造化データを格納する用途に向く。特徴は、ファイルを自動で分類してメタデータを付与してくれること。稼働OSは、Linux(Red Hat Enterprise Linux 7)。価格は個別見積もり。

図1●Veritas Cloud Storageの概要。ファイルを自動で分類してメタデータを付与する機能を備える(出所:ベリタステクノロジーズ)図1●Veritas Cloud Storageの概要。ファイルを自動で分類してメタデータを付与する機能を備える(出所:ベリタステクノロジーズ)
拡大画像表示

 Veritas Cloud Storageは、分散型のオブジェクトストレージソフトである。同ソフトをインストールしたLinux機をノードとして、複数ノードを束ねたクラスタシステム全体で巨大なストレージプールを形成できる。容量に制限はなく、最大で128ノードまでクラスタを拡張できる。オブジェクトへのアクセス方法は、独自のWeb(REST) APIのほか、Amazon S3互換API、OpenStack Swift互換API、など。さらに、CIFS/NFSによるファイルアクセスなどもできる。

 特徴の1つは、「Integrated Classification Engine」と呼ぶ、ファイルの自動分類機能である。格納するファイルオブジェクトごとに、どのような種類のファイルなのかを自動的に分類し、ファイルのメタデータとして記録する。分類方法として、約60種類の定型ポリシーと約100種類の検出パターンを標準で備える。さらに、機密データの用語辞書をカスタマイズできるほか、正規表現とのキーワード合致のようにユーザーが検出パターンを自作できる。

関連キーワード

SDS

関連記事

ベリタスが分散オブジェクトストレージソフトを発表、ファイルを自動分類してメタデータを付与ベリタステクノロジーズは2017年11月30日、SDS(ソフトウェア定義型ストレージ)ソフトの1つとして、分散型オブジェクストレージソフトの新製品「Veritas Cloud Storage」を発表した。2017年12月4日から提供する。大量の非構造化データを格納する用途に向く。特徴は、ファイルを自動で分類してメタデータを付与してくれること。稼働OSは、Linux(Red Hat Enterprise Linux 7)。価格は個別見積もり。

PAGE TOP