[新製品・サービス]

NECなど、スマートシティ向けデータ流通システムの実証実験を福岡市で開始

2017年12月5日(火)日川 佳三(IT Leaders編集部)

NECとさくらインターネットは2017年12月5日、スマートシティ/スマートビルに向けたデータ流通システムの実証実験を、2018年3月から福岡県福岡市で開始すると発表した。スマートシティを実現するソフトとして、欧州を中心に実績がある「FIWARE」を利用する。実験期間は、2018年3月から1年間。

 スマートシティやスマートビルでは、交通、エネルギー、環境、観光、防災といった様々なデータを、複数のステークホルダー間で共有して利用するために、データを流通させるシステムが必要になる。

 今回、NECとさくらインターネットは、日本におけるスマートシティ/スマートビル向けのデータ流通システムを構築し、実証実験を実施する。データ流通におけるニーズや課題を抽出し、実験の参加者間で共有する。

 実験の参加者は、登録されているデータを、自社のビジネスに役立てることができる。また、参加者でノウハウを共有することで、データ流通市場におけるエコシステムを構築する。

 実験では、さくらインターネットが提供する「さくらのクラウド」の上に、NECがFIWAREに準拠したデータ流通環境を構築する。これを、実証実験参加者(企業、団体、個人など)に無償で提供する。

 データ流通環境を無償で利用できることから、スタートアップ企業やベンチャー企業、中小企業などの参加を見込む。これにより、地域ごとの課題や、データを利活用する際の共通課題を早期に抽出できるとしている。

関連記事

NECなど、スマートシティ向けデータ流通システムの実証実験を福岡市で開始 NECとさくらインターネットは2017年12月5日、スマートシティ/スマートビルに向けたデータ流通システムの実証実験を、2018年3月から福岡県福岡市で開始すると発表した。スマートシティを実現するソフトとして、欧州を中心に実績がある「FIWARE」を利用する。実験期間は、2018年3月から1年間。

PAGE TOP