[新製品・サービス]

夜間のオフィスでドローンを飛ばして残業を抑制、大成が2018年にサービス開始

2017年12月7日(木)日川 佳三(IT Leaders編集部)

大成、ブルーイノベーション、NTT東日本の3社は2017年12月7日、屋内でドローンを飛ばすことによって残業を抑制するサービス「T-FREND」を、2018年に開始すると発表した。事業の構想は2017年3月に発表済みであり、2018年4月に試行サービスを開始し、2018年10月に本サービスを開始する。

 T-FRENDは、オフィスビルの屋内を決まったルートで巡回してカメラ映像を撮影するドローンシステムである。撮影したカメラ映像はクラウド上に記録する。オフィスで夜間に残業しているとカメラに映ってしまうので、残業を抑制できる。さらに、警備にも利用できる。

図1●T-FRENDの利用イメージ(出所:大成、ブルーイノベーション、NTT東日本)図1●T-FRENDの利用イメージ(出所:大成、ブルーイノベーション、NTT東日本)
拡大画像表示

 特徴の1つは、GPSを使わない飛行システムによって、室内でも正確に自律飛行できることである。飛行計画システムにオフィスのレイアウトや機体を登録し、飛行経路や定期巡回時刻を設定して使う。ドローンは、暗闇となった夜間のオフィスでも自己位置を推定して自動飛行する。定期巡回した後に、専用の離発着場所に自動で着陸する。

 大成がユーザー企業にサービスを提供する。ブルーイノベーションは、ドローンの機体を開発するとともに、屋内自律飛行システムと飛行計画システムを提供する。NTT東日本は、ドローンからクラウドに閉域網で直接接続するネットワーク基盤を提供する。

関連記事

夜間のオフィスでドローンを飛ばして残業を抑制、大成が2018年にサービス開始大成、ブルーイノベーション、NTT東日本の3社は2017年12月7日、屋内でドローンを飛ばすことによって残業を抑制するサービス「T-FREND」を、2018年に開始すると発表した。事業の構想は2017年3月に発表済みであり、2018年4月に試行サービスを開始し、2018年10月に本サービスを開始する。

PAGE TOP