[市場動向]

NEC、日立製作所、富士通、共同でセキュリティ技術者育成プログラムを策定

2017年12月14日(木)日川 佳三(IT Leaders編集部)

NEC、日立製作所、富士通の3社は2017年12月14日、セキュリティ技術者の育成プログラムを作成する共同プロジェクト「サイバーセキュリティ人材育成スキーム策定共同プロジェクト」を発足したことを発表した。同日付けで活動を開始した。本プロジェクトの成果は、3社による共同利用に加え、政府機関や企業にも一部を公開する。

 共同プロジェクトは、サイバー攻撃に対処するセキュリティ技術者の能力向上、および人材不足の改善を目指して取り組む。具体的には、セキュリティ人材モデルの定義や人材育成シラバスの作成を行う。さらに、サイバー攻撃に対する防御演習の運用方法などを策定する。プロジェクトの成果を踏まえて教育プログラムを確立し、実践的なスキルとノウハウを持ったセキュリティ技術者を育成する。

図1●サイバーセキュリティ人材育成スキーム策定共同プロジェクトの概要(出所:NEC、日立製作所、富士通)図1●サイバーセキュリティ人材育成スキーム策定共同プロジェクトの概要(出所:NEC、日立製作所、富士通)
拡大画像表示

 プロジェクトの主な活動内容は以下の通り。

統合セキュリティ人材モデルの策定
セキュリティ事故対応やサイバー攻撃監視などといった、各セキュリティ人材として習得すべきスキルセットを体系化し、共通的に利用できる統合セキュリティ人材モデルを策定する。
人材育成シラバス・教材作成ガイドラインの作成
セキュリティ業務に関する現場の知見やノウハウを収集・活用し、各セキュリティ人材モデルが必要とするスキルの習得のための方法などを体系化する。
サイバーレンジ(サイバー攻撃に対する防御などの訓練を行うための演習基盤システム)連携インターフェイスの策定
サイバーレンジとの連携に必要な共通の要件(サイバーレンジと教材を連携するためのインターフェイス、受講管理機能など)を策定し、サイバーレンジとの効率的な連携を実現する。
演習を実施するための運用ルール・マニュアルの整備
効率的かつ効果的な教育プログラムを運用・管理していくため、人材育成シラバスに則った演習に必要となる設備や施設の仕様、講師育成の実施方法・マニュアルなどの運用ルールを整備する。
関連記事

Special

-PR-

NEC、日立製作所、富士通、共同でセキュリティ技術者育成プログラムを策定 NEC、日立製作所、富士通の3社は2017年12月14日、セキュリティ技術者の育成プログラムを作成する共同プロジェクト「サイバーセキュリティ人材育成スキーム策定共同プロジェクト」を発足したことを発表した。同日付けで活動を開始した。本プロジェクトの成果は、3社による共同利用に加え、政府機関や企業にも一部を公開する。

PAGE TOP