[新製品・サービス]

キヤノンITS、メールセキュリティゲートウェイにファイル無害化機能を追加

2017年12月15日(金)IT Leaders編集部

キヤノンITソリューションズは2017年12月14日、ウイルス対策や迷惑メール対策、誤送信対策などを兼ねた総合メールセキュリティゲートウェイサーバー製品の新版「SPAMSNIPER AG Ver4.2」を発表、同日提供を開始した。新版では、添付ファイルの無害化機能を追加した。価格はオープン。開発会社は、韓国Jiran Security(日本法人はJiransoft Japan)。

 SPAMSNIPER AGは、安全にメールを送受信できるようにするメールセキュリティ機能を搭載したメールゲートウェイサーバー製品である。ウイルス対策、迷惑メール対策、誤送信対策などの機能を備える。提供形態は、ソフトウェア版、ハードウェアアプライアンス版、仮想アプライアンス版の3つ。

 新版では、ファイル無害化機能を搭載した。受信メールの添付ファイルに含まれるマクロを除去し、感染の可能性があるファイルを無害化する。さらに、メール本文に含まれるURLリンクを除去する。これらにより、標的型攻撃などによるマルウェアへの感染を防止する。

 ファイル無害化の導入時に利便性を損なわないように、無害化する前の原本のメールを閲覧するためのURLリンクをメールに付与する運用も可能である。これにより、WebブラウザでSPAMSNIPER AGの管理画面のトップにアクセスしてメニューをたどるといった負荷をかけずにワンクリックで原本メールを閲覧できる。

関連記事

Special

-PR-

キヤノンITS、メールセキュリティゲートウェイにファイル無害化機能を追加 キヤノンITソリューションズは2017年12月14日、ウイルス対策や迷惑メール対策、誤送信対策などを兼ねた総合メールセキュリティゲートウェイサーバー製品の新版「SPAMSNIPER AG Ver4.2」を発表、同日提供を開始した。新版では、添付ファイルの無害化機能を追加した。価格はオープン。開発会社は、韓国Jiran Security(日本法人はJiransoft Japan)。

PAGE TOP