[新製品・サービス]

NTTドコモ、IoT検証用のプリペイドSIMカードを販売、180日150MBで5000円など

2018年1月11日(木)日川 佳三(IT Leaders編集部)

NTTドコモは2018年1月11日、IoTシステムの検証用に、最長180日間利用できるプリペイド型のSIMカード「docomo IoTスターターSIM」を発表した。2018年1月12日から提供する。価格(税別)は、通信データ量150Mバイトの「PLAN150」が5000円、通信データ量1Gバイトの「PLAN1000」が6000円。

 docomo IoTスターターSIMは、IoTシステム検証用の、プリペイド型のデータ通信SIMカードである。利用できるデータ通信容量に応じて、150Mバイトと1Gバイトの2種類を用意した。いずれも最長で180日間利用できる。利用できる回線はNTTドコモのLTE網および3G網で、データ通信専用である。

 180日の経過後、もしくはデータ量の上限到達後は、通常の月次請求プランを契約することによって、SIMカードを切り替えることなく利用を継続できる。これにより、スムーズに本格導入に移行できる。

 販売受付窓口は、全国のドコモ法人営業部門。IoTシステムの検証用のため、法人営業担当者と対面での契約のみの受付となる。法人名義に限って契約が可能で、個人名義では契約できない。

関連記事

Special

-PR-

NTTドコモ、IoT検証用のプリペイドSIMカードを販売、180日150MBで5000円などNTTドコモは2018年1月11日、IoTシステムの検証用に、最長180日間利用できるプリペイド型のSIMカード「docomo IoTスターターSIM」を発表した。2018年1月12日から提供する。価格(税別)は、通信データ量150Mバイトの「PLAN150」が5000円、通信データ量1Gバイトの「PLAN1000」が6000円。

PAGE TOP