[新製品・サービス]

Amazon S3をエクスプローラUIで操作するソフト、ロジックファクトリーが提供

2018年1月16日(火)日川 佳三(IT Leaders編集部)

ロジックファクトリーは2018年1月15日、Amazon S3互換のオブジェクトストレージを一括管理するソフト「firedrive」について、新たにWindows版を発表し、同日提供を開始した。従来はmac版しかなかったが、Windows版を追加した。価格は、記事執筆現在は無料で、ダウンロードして利用できる。

 firedriveは、Amazon S3互換のオブジェクトストレージを使いやすくするGUIソフトである。Windowsのエクスプローラのようなインタフェースで、ドラッグ&ドロップ操作によってファイルをアップロード/ダウンロードできる。フォルダごとやファイル単体で操作できるほか、ストレージ間のフォルダやファイル移動もできる。

図1●firedriveのUI画面イメージ(出所:ロジックファクトリー)図1●firedriveのUI画面イメージ(出所:ロジックファクトリー)
拡大画像表示

 利用にあたっては、firedriveをダウンロードし、Amazon S3やAmazon S3互換ストレージのアクセスキーとシークレットキーを登録する。これにより利用を開始できる。稼働環境に応じて、Windows版とmac版(2017年8月提供)の2種類を用意している。

 ロジックファクトリーでも、Amazon S3互換のクラウドストレージ「fws storage」を提供している。同サービスは、無料で2Gバイトまでのファイルを保存できる。有料プランでは、最大5Tバイトまで保存可能のプランを用意している。

関連記事

Amazon S3をエクスプローラUIで操作するソフト、ロジックファクトリーが提供 ロジックファクトリーは2018年1月15日、Amazon S3互換のオブジェクトストレージを一括管理するソフト「firedrive」について、新たにWindows版を発表し、同日提供を開始した。従来はmac版しかなかったが、Windows版を追加した。価格は、記事執筆現在は無料で、ダウンロードして利用できる。

PAGE TOP