[新製品・サービス]

統合ログ管理ソフトでOffice 365メールを可視化・分析可能に―インフォサイエンス

2018年1月18日(木)IT Leaders編集部

インフォサイエンスは2018年1月17日、統合ログ管理ソフト「Logstorage」のオプションとして、新たにOffice 365 Exchangeメッセージ追跡 (MessageTraceDetail) のログ収集・分析に対応したと発表した。

 Logstorageは、統合ログ管理ソフトである。さまざまなシステムが出力するログを収集し、横断的に分析、追跡できる。

 今回、Logstorageを強化し、Office 365上でのメールの操作履歴(いつ、誰が、誰あてにメールを送信したのか、など)を可視化し、利用状況を分析できるようにした。Office 365のExchangeメッセージ追跡 (MessageTrace, MessageTraceDetail)機能を利用してログを取得する。

 背景には、Office 365を用いて不特定多数と情報共有するなか、監査のために作業証跡としてログを取得することが求められているという状況がある。

関連記事

Special

-PR-

統合ログ管理ソフトでOffice 365メールを可視化・分析可能に―インフォサイエンスインフォサイエンスは2018年1月17日、統合ログ管理ソフト「Logstorage」のオプションとして、新たにOffice 365 Exchangeメッセージ追跡 (MessageTraceDetail) のログ収集・分析に対応したと発表した。

PAGE TOP