[新製品・サービス]

さくらインターネット、Sophos UTM(統合脅威管理)をクラウドで提供

2018年1月18日(木)日川 佳三(IT Leaders編集部)

さくらインターネットは2018年1月18日、UTM(統合脅威管理)ゲートウェイソフト「Sophos UTM」をクラウド型で提供するサービス「Sophos UTM」を発表した。2018年1月25日から提供する。価格(8%消費税込み)は、基本料金が月額2万7000円でIPアドレス5個まで保護できる。保護対象IPアドレスを追加する場合はIPアドレスあたり月額5400円。別途、ソフトウェアを動作させるためのサーバー利用料が必要になる。

画面1●Sophos UTMの管理コンソールのイメージ画面1●Sophos UTMの管理コンソールのイメージ
拡大画像表示

 さくらのクラウド「Sophos UTM」は、UTM機器の機能をクラウド型で提供するサービスである。ゲートウェイ型のセキュリティ機能として、ファイアウォール、ウイルス対策、IPS(不正侵入防止)、メール暗号化、DLP(情報漏洩対策)、URLフィルタリング、WAF(Webアプリケーションファイアウォール)などを一通り備える。

 さくらのクラウド上でサーバーを新規作成する際に利用できるパブリックアーカイブ(初期設定済みのOSイメージ)として提供する。このため、さくらのクラウドのコントロールパネルから、必要なときにすぐに利用を始められる。短期的なキャンペーンサイトから大規模な企業情報システムまで、あらゆる規模に対応できるとしている。

 Sophos UTMの開発会社は英Sophos(日本法人はソフォス)。さくらインターネットは今回、ソフォスのMSP(マネージドサービスプロバイダ)パートナの1社である興安計装との協業によって、Sophos UTMのクラウドサービスを開始する。

関連記事

さくらインターネット、Sophos UTM(統合脅威管理)をクラウドで提供 さくらインターネットは2018年1月18日、UTM(統合脅威管理)ゲートウェイソフト「Sophos UTM」をクラウド型で提供するサービス「Sophos UTM」を発表した。2018年1月25日から提供する。価格(8%消費税込み)は、基本料金が月額2万7000円でIPアドレス5個まで保護できる。保護対象IPアドレスを追加する場合はIPアドレスあたり月額5400円。別途、ソフトウェアを動作させるためのサーバー利用料が必要になる。

PAGE TOP