コラボレーション コラボレーション記事一覧へ

[新製品・サービス]

MetaMoJi、ペーパーレス会議にアプライアンス版を追加

2018年2月1日(木)日川 佳三(IT Leaders編集部)

MetaMoJiは2018年2月1日、ドキュメント資料を配布して共有できるオンライン会議ソフト「MetaMoJi Share for Business」をプリインストールしたアプライアンスサーバー製品「MetaMoJi Share Server 20」を発表した。2018年3月5日から販売する。価格(税別)は、20ユーザーで80万円から。

図1●MetaMoJi Share Server 20の外観とMetaMoJi Share for Businessの端末画面(出所:MetaMoJi)図1●MetaMoJi Share Server 20の外観とMetaMoJi Share for Businessの端末画面(出所:MetaMoJi)
拡大画像表示

 MetaMoJi Share for Businessは、資料を配布して共有しながらオンライン会議ができるソフトである。資料の準備・配布から、会議の進行、会議後の振り返りまで、オンライン会議のライフサイクルを総合的に支援する。発表者の画面を共有できるほか、参加者全員が同時にメモ書きで伝えたいことを伝えられる。紙の資料と同様に、自分だけのメモも作成できる。

 Webアプリケーション型で動作するが、会議端末ソフトとして専用のWebクライアントソフトを使う。Webクライアントソフトは、Windows版、Android版、iOS版がある。これらのタブレットからオンライン会議に参加できる。

 サーバーソフトはJavaアプリケーションであり、ミドルウェアとしてTomcatを使っている。データベースサーバーにはPostgreSQLを使っている。稼働OSは、Red Hat Enterprise Linux/CentOSまたはWindows Serverである。サーバーソフトは、オンプレミス版のほか、SaaS型クラウドサービス版がある。

 今回、オンプレミス用のサーバーソフトを小型PCサーバー機にプリインストールしたアプライアンスとして、MetaMoJi Share Server 20を製品化した。標準で20人、最大で30人でペーパーレス会議ができる。OSにはLinuxを搭載している。外形寸法は、幅115×奥行111×高さ51mm。

 価格(税別)は、以下の通り。標準価格は、20ユーザーで80万円。ユーザーを追加する場合は、10ユーザーごとに10万円。オプションで手書き文字日本語入力ソフト「mazec」を使う場合は、10ユーザーごとに4万円。長期保証オプションは、3年間保証が20万円、5年間保証が35万円。

関連記事

MetaMoJi、ペーパーレス会議にアプライアンス版を追加MetaMoJiは2018年2月1日、ドキュメント資料を配布して共有できるオンライン会議ソフト「MetaMoJi Share for Business」をプリインストールしたアプライアンスサーバー製品「MetaMoJi Share Server 20」を発表した。2018年3月5日から販売する。価格(税別)は、20ユーザーで80万円から。

PAGE TOP