[事例ニュース]

DNP、ICタグを使ってサプライチェーンの情報を共有する実証実験

2018年2月2日(金)日川 佳三(IT Leaders編集部)

ICタグ(RFID)などを手掛ける大日本印刷(DNP)は2018年2月2日、都内のコンビニ3店舗で「電子タグを用いたサプライチェーンの情報共有システム」の実証実験を実施すると発表した。メーカー、卸、コンビニのサプライチェーン内で、商品の情報を一元管理する。2月14日(水)~2月23日(金)にかけて実験する。

図1●電子タグを用いたサプライチェーンの情報共有システムの概要(出所:大日本印刷)図1●電子タグを用いたサプライチェーンの情報共有システムの概要(出所:大日本印刷)
拡大画像表示

 実証実験では、コンビニエンスストアで販売する食品や日用品にICタグを貼り付け、メーカー、卸、コンビニの間で商品の入出荷や消費期限などの情報を共有する。こうして、情報共有システムの有効性を検証する。

 実験は、食品・日用品メーカー、卸、物流センター、コンビニ、システム構築会社と共同で実施する。

 今回の実験は、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の委託事業「IoTを活用した新産業モデル創出基盤整備事業」の一環として実施する。

関連記事

Special

-PR-

DNP、ICタグを使ってサプライチェーンの情報を共有する実証実験ICタグ(RFID)などを手掛ける大日本印刷(DNP)は2018年2月2日、都内のコンビニ3店舗で「電子タグを用いたサプライチェーンの情報共有システム」の実証実験を実施すると発表した。メーカー、卸、コンビニのサプライチェーン内で、商品の情報を一元管理する。2月14日(水)~2月23日(金)にかけて実験する。

PAGE TOP