[市場動向]

KDDIとラック、合弁会社「KDDIデジタルセキュリティ」を設立

2018年2月5日(月)日川 佳三(IT Leaders編集部)

通信事業者のKDDIとセキュリティサービス事業者のラックは2018年2月5日、クラウドやIoTの普及を見据えた総合的なセキュリティサービスを提供する合弁会社「KDDIデジタルセキュリティ」を設立することで合意したと発表した。2018年2月中に新会社を設立し、2018年4月の事業開始を目指す。

 新会社は、KDDIのサービス(ネットワークやIoT基盤サービスなど)とラックのセキュリティ技術を融合し、ネットワークからセキュリティまでを一元的に支援するサービスを提供する。

 セキュリティ分野の知見を持つエンジニアが、セキュリティ体制の構築・運用の支援から、セキュリティ診断、24時間365日の運用・監視まで、総合的なセキュリティサービスをグローバルに提供する。

合弁会社の概要
商号 KDDIデジタルセキュリティ株式会社
主な事業内容 総合的なセキュリティソリューションの提供
設立日 2018年2月19日(予定)
事業開始日 2018年4月1日
出資金 5億円
資本金 2.5億円
決算期 3月
株主構成 KDDI 51%、ラック 49%
関連記事

Special

-PR-

KDDIとラック、合弁会社「KDDIデジタルセキュリティ」を設立通信事業者のKDDIとセキュリティサービス事業者のラックは2018年2月5日、クラウドやIoTの普及を見据えた総合的なセキュリティサービスを提供する合弁会社「KDDIデジタルセキュリティ」を設立することで合意したと発表した。2018年2月中に新会社を設立し、2018年4月の事業開始を目指す。

PAGE TOP