[新製品・サービス]

日本向けのLinux技術者認定試験「LinuC」、3月に受験開始

2018年2月5日(月)日川 佳三(IT Leaders編集部)

特定非営利活動法人エルピーアイジャパン(LPI-Japan)は2018年2月5日、日本市場に向けた新たなLinux技術者認定試験「Linux技術者認定試験 LinuC」を開始すると発表した。2018年2月5日から受験の予約を開始し、2018年3月1日から受験可能予定となる。

図1●Linux技術者認定試験 LinuCの試験体系(出所:エルピーアイジャパン)図1●Linux技術者認定試験 LinuCの試験体系(出所:エルピーアイジャパン)
拡大画像表示

 LinuC(Linux Professional Certification、リナック)は、日本市場に向けた新たなLinux技術者認定試験である。受験者にストレスを与えないように、分かりやすい日本語を使った試験を実施する。さらに、日本で管理・監視することで、信頼性の高い試験を実施するとしている。最新の技術革新や市場ニーズの変化に対しても、素早く対応するとしている。

 受験者のスキルアップと資格証明を支援するサービスも提供する。まず、LinuC認定者に対して、認定証(紙、PDF)、認定カード、認定者ロゴを進呈する。受験後の学習やスキルアップに役立つ「受験結果分析レポート」も提供する。自分の得意分野をスキルアップやキャリアアップに生かせるほか、弱点を知り今後の学習に役立てることができる。誰でも参加できる「無料のLinuCポイント解説セミナー」も実施する。

LinuCの試験体系
レベル LinuCレベル1(LinuC-1) LinuCレベル2(LinuC-2) LinuCレベル3(LinuC-3)
認定するスキル Linuxシステムの構築・運用・保守 Linuxサーバーやネットワークを含むシステムの構築・運用・保守 各分野の最高技術レベルの専門性
試験数 2試験 2試験 3試験(1試験を選択)
試験名 LinuC 101試験
LinuC 102試験
LinuC 201試験
LinuC 202試験
LinuC 300試験
LinuC 303試験
LinuC 304試験
認定の条件 「101試験と102試験」の両方に合格すること 「有意なレベル1」を保有し「201試験と202試験」の両方に合格すること 「有意なレベル2」を保有し「300試験、303試験、304試験」のいずれかに合格すること
受験費用 1万5000円(税別、1試験あたり) 1万5000円(税別、1試験あたり) 3万円(税別、1試験あたり)
試験方式 CBT(コンピュータ)またはPBT(ペーパー)
CBT会場 ピアソンVUE https://www.pearsonvue.co.jp/Clients/LinuC.aspx
問題数 各試験60問 各試験60問 各試験60問
試験時間 90分(サーベイ含む)
再受験ポリシー 不合格者:同一科目を再受験する場合、受験日翌日から起算して7日目以降より再受験可能
合格者:制限無し
認定の有意性 5年間(認定の事実は消えない)
教育機関 LPI-Japanアカデミック認定校がLinuCに対応した教育を提供
学習書籍 LPI-Japan認定教材がLinuCの出題範囲を網羅
関連記事

Special

-PR-

日本向けのLinux技術者認定試験「LinuC」、3月に受験開始特定非営利活動法人エルピーアイジャパン(LPI-Japan)は2018年2月5日、日本市場に向けた新たなLinux技術者認定試験「Linux技術者認定試験 LinuC」を開始すると発表した。2018年2月5日から受験の予約を開始し、2018年3月1日から受験可能予定となる。

PAGE TOP