[新製品・サービス]

NEC、入館ゲートを顔認証に対応させる後付けの装置を販売

2018年2月7日(水)日川 佳三(IT Leaders編集部)

NECは2018年2月7日、既存の入退場ゲートやドアに設置することで、顔認証による解錠を手軽に実現する装置「NeoFace Access Control」を発表、同日販売を開始した。価格(税別)は、120万円。2018年2月14日から出荷する。

写真1●NeoFace Access Controlの外観写真1●NeoFace Access Controlの外観
拡大画像表示

 NeoFace Access Controlは、既存の入退管理システムや入館ゲートに追加するだけで、顔認証による解錠を実現する装置である。専用のハードウェアに顔認証エンジン「NeoFace」や顔認証用カメラ、CPUボードなどを組み込んだパッケージ製品であり、入退管理システムや入館ゲートと連携するためのAPIを提供する。

 本体にデータベースを保持しているため、別途サーバーを用意することなく運用できる。本体内に約5000人分のデータを登録できる。さらに、外部のデータベース管理サーバーにプラグイン「NeoFace Access Control Manager」を導入して連携させれば、約1万人分のデータを登録したり、多数台で運用したりできる。

 本体に付属するカードリーダーを使えば、顔とICカードを組み合わせた二要素認証も可能。ICカードの貸し借りや盗難などのなりすましによる不正入退を抑止できる。また、外気温45度での運用や、防塵・防滴などの耐環境性を備えた。これにより、屋内だけでなく、半屋外にも導入できるとしている。

図1●NeoFace Access Controlの利用イメージ(出所:NEC)図1●NeoFace Access Controlの利用イメージ(出所:NEC)
拡大画像表示
関連記事

Special

-PR-

NEC、入館ゲートを顔認証に対応させる後付けの装置を販売NECは2018年2月7日、既存の入退場ゲートやドアに設置することで、顔認証による解錠を手軽に実現する装置「NeoFace Access Control」を発表、同日販売を開始した。価格(税別)は、120万円。2018年2月14日から出荷する。

PAGE TOP