データセンター データセンター記事一覧へ

[新製品・サービス]

NEC神戸データセンターに同規模の2期棟を増設、1500ラックを収容

2018年2月13日(火)日川 佳三(IT Leaders編集部)

NECは2018年2月13日、同社の中では西日本地域で最も大きいデータセンター「NEC神戸データセンター」の2期棟を2019年春に開設すると発表した。2016年4月に開設した1期棟は、計画より約1年早く、開所3年で満床となる見込み。2期棟の開設によって、西日本エリアでの需要拡大に対応する。

写真1●NEC神戸データセンター2期棟の外観(出所:NEC)写真1●NEC神戸データセンター2期棟の外観(出所:NEC)
拡大画像表示

 今回開設する2期棟は、1期棟と同様に1500ラックを収容できる。省電力についても1期棟と同様で、気化熱の原理を応用した相変化冷却ユニットをクラウドサービス用サーバールームの壁面に採用し、データセンター全体のPUEは1.18。

 1期棟に比べて、空調冷水温度を5度高い20度とした。これにより、年間の空調熱源消費電力を約12%、電力料金にして約2500万円を削減できる。運用作業についても、受付プロセスの一部自動化やウエアラブル端末を用いたリモート指示などの効率化によって約50%削減した。

 クラウド提供事業者のサービス拠点としての活用を想定し、2期棟では1期棟比で約2倍の電力容量を実装した。高密度のラックや大型ラックの持ち込みなどに柔軟に対応できるとしている。今後も、同一敷地内に1期棟の約3倍の電力容量を確保可能という。

 セキュリティについては、1期棟と同様に、AIを活用した設備故障の予兆検知、光ファイバを用いた不正侵入時の振動検知、顔認証技術を応用した不審行動検知、などの機能を導入した。

関連記事

Special

-PR-

NEC神戸データセンターに同規模の2期棟を増設、1500ラックを収容NECは2018年2月13日、同社の中では西日本地域で最も大きいデータセンター「NEC神戸データセンター」の2期棟を2019年春に開設すると発表した。2016年4月に開設した1期棟は、計画より約1年早く、開所3年で満床となる見込み。2期棟の開設によって、西日本エリアでの需要拡大に対応する。

PAGE TOP