[新製品・サービス]

RPAを習得できるeラーニング、RPAテクノロジーズとMAIAが開始

2018年2月19日(月)日川 佳三(IT Leaders編集部)

RPAテクノロジーズとMAIAは2018年2月19日、RPAソフト「BizRobo! Basic」を教材に使ったRPA研修サービス「RPAラーニング for Business」を発表、同日提供を開始した。Webブラウザから利用できるeラーニング教材をクラウド型で提供する。価格(税別)は、受講者5人までの「ライトプラン」が月額20万円など。

 RPAラーニング for Businessは、RPAソフトを使ったソフトウェアロボットの開発を学ぶためのeラーニング教材である。企業がRPAを導入する上で必要な、RPAエンジニアを育成できるとしている。eラーニングのシステム基盤には、ブイキューブの「V-CUBE ラーニング」を採用した。

図1●RPAラーニング for Businessの画面例(出所:RPAテクノロジーズ、MAIA)図1●RPAラーニング for Businessの画面例(出所:RPAテクノロジーズ、MAIA)
拡大画像表示

 クラウド型のeラーニング教材であるため、いつでも、どこからでも、学ぶことができる。画面やイラストのほか、ロボット作りの流れを把握できる動画を用意している。RPAを知らなかった人やプログラミング未経験者、IT系の部署に所属したことのない人でも効率的にRPAを習得できるとしている。

研修内容
カテゴリ コンテンツ内容 習得できるRPAスキル
基本 まずはロボットを作ってみよう ロボット作成方法
繰り返しができるロボットを作ってみよう ループ処理
場合分けができるロボットを作ってみよう 条件分岐処理
ファイルを作成できるロボットを作ってみよう ファイル作成
応用 ファイルを読み込めるロボットを作ってみよう ファイル読み込み
Webページの作りを意識したロボットを作ってみよう HTML解析
指定した条件に合う情報をとれるロボットを作ってみよう 複数の条件分岐処理
複数ページの情報を持ち帰れるロボットを作ってみよう 任意のループ処理
発展 交通費精算のチェックが行えるロボット作成 基本・応用スキルの再確認
複数の条件指定に合う情報を取るロボット作成
キーワードを元に複数サイトから情報を取ってくるロボット作成
エラー発生時の判断ができるロボット作成 エラーハンドリング
実践 メーラーからメール送信できるロボット作成 他アプリケーションの操作
PC内にあるファイルを操作できるロボット作成
ワードやエクセルに情報や図を書き出せるロボット作成
他システムに情報を渡せるロボット作成

 価格は、以下の通り。教育コンテンツは、受講者5人までの「ライトプラン」が月額20万円で、追加1人あたり月額4万円。受講者10人までの「スタンダードプラン」が月額40万円で、追加1人あたり月額4万円。つまり、「1人あたり月額4万円で、最小構成は5人」ということになる。なお、RPAソフトのBizRobo!を使っているユーザーは、20%割引で利用できる。

 BizRobo!の開発ライセンスをセットにしたプランも用意している。教育コンテンツの軽量版と1開発ライセンスをセットにした「自社開発プラン」が月額20万円、自社開発プランに月30時間のロボット開発支援サービスを付与した「RPA導入支援プラン」が月額30万円。

関連キーワード

RPA

関連記事

RPAを習得できるeラーニング、RPAテクノロジーズとMAIAが開始RPAテクノロジーズとMAIAは2018年2月19日、RPAソフト「BizRobo! Basic」を教材に使ったRPA研修サービス「RPAラーニング for Business」を発表、同日提供を開始した。Webブラウザから利用できるeラーニング教材をクラウド型で提供する。価格(税別)は、受講者5人までの「ライトプラン」が月額20万円など。

PAGE TOP