[事例ニュース]

弁当「ほっともっと」全2700店舗に4800台のiPad利用POS端末を導入、NEC

2018年2月26日(月)日川 佳三(IT Leaders編集部)

NECは2018年2月26日、持ち帰り弁当ショップ「Hotto Motto(ほっともっと)」全2700店舗に、iPadを利用したPOS(販売時点情報管理)端末「NECモバイルPOS」を導入したと発表した。導入台数は約4800台。Hotto Mottoの運営会社は、プレナス(福岡市)。

写真1●店舗利用イメージ(出所:NEC)写真1●店舗利用イメージ(出所:NEC)
拡大画像表示

 持ち帰り弁当ショップのHotto Mottoを運営するプレナスは今回、約2700店舗に約4800台のPOS端末を導入した。導入したNECによれば、iPad上で動作するPOSシステムとしては、国内企業では最多となる。

 iPadを使ったPOS端末を使うことで、レジの視認性が高まったほか、場所を問わずにレジの使い方をトレーニングできるようになった。また、2017年9月1日に開始した会員ポイントサービス「My Hotto Motto」との連携など、店舗サービスの強化を容易に実現できるようになった。

 プレナスは従来、専用のPOSシステムを利用していた。このため、新しいサービスを始める際に、その都度、個別の機器を導入したり個別のアプリケーションを開発したりする必要があり、タイムリーに施策を展開できなかった。また、お昼や夕方の混雑時でも全2700店舗の情報をリアルタイムに管理できるPOSシステムを必要としていた。

 NECモバイルPOSは、iPad上で動作するクラウド型POSレジサービスである。iPadがPOSレジとなり、プリンタやキャッシュドロアなどの周辺機器と連動することによって、自動で販売管理や売上の集計ができる。クレジットカード決済や電子マネー決済、本部の売上/マスター管理などの各種外部サービスと連携させることもできる。

関連記事

Special

-PR-

弁当「ほっともっと」全2700店舗に4800台のiPad利用POS端末を導入、NECNECは2018年2月26日、持ち帰り弁当ショップ「Hotto Motto(ほっともっと)」全2700店舗に、iPadを利用したPOS(販売時点情報管理)端末「NECモバイルPOS」を導入したと発表した。導入台数は約4800台。Hotto Mottoの運営会社は、プレナス(福岡市)。

PAGE TOP