開発ツール/プラットフォーム 開発ツール/プラットフォーム記事一覧へ

[事例ニュース]

山陰合同銀行が11業務でRPAを本稼働、年間3600時間を削減

2018年3月13日(火)日川 佳三(IT Leaders編集部)

NTTデータ中国とNTTデータは2018年3月13日、山陰合同銀行がRPA(ロボットによる業務自動化)ソフト「WinActor」の本格運用を2018年3月に開始したと発表した。

図1●預金調査各種照会取得業務におけるWinActor導入前後の作業フローイメージ(出所:NTTデータ中国、NTTデータ)図1●預金調査各種照会取得業務におけるWinActor導入前後の作業フローイメージ(出所:NTTデータ中国、NTTデータ)
拡大画像表示

 山陰合同銀行は、今回の本格運用に至った経緯として、2017年8月から2018年1月にかけて、RPAソフト(WinActor)の試験運用を実施した。

 この結果、トータルで年間3600時間(割合では約30%)の時間を削減できることを確認した。特に効果が大きい「預金調査各種照会取得業務」においては、全体の40%弱の時間を削減できることを確認した。

 試験運用時には、特に自動化による時間短縮効果が見込めると判断した11種類の業務について自動化を図った。預金調査各種照会取得業務や月例定型業務などである。今後1年間で、対象業務を30業務に拡大する予定である。

 NTTデータ中国とNTTデータは今後、今回の山陰合同銀行での導入実績を踏まえ、都市銀行、地方銀行、信用金庫、信用組合、労働金庫、保険会社、証券会社などの他金融機関の業務効率化や働き方改革を支援するとしている。

 なお、WinActorは、 NTTアドバンステクノロジ(NTT-AT)が開発した、国産のRPAソフトである。Windows上で動作するアプリケーションの操作を動作シナリオとして記録し、人に代わって自動で実行できる。

関連キーワード

RPA

関連記事

Special

-PR-

山陰合同銀行が11業務でRPAを本稼働、年間3600時間を削減NTTデータ中国とNTTデータは2018年3月13日、山陰合同銀行がRPA(ロボットによる業務自動化)ソフト「WinActor」の本格運用を2018年3月に開始したと発表した。

PAGE TOP