[新製品・サービス]

接客・店舗案内向けにタッチ操作やコンテンツ持ち帰りが可能なサイネージを提供―KDD

2018年3月14日(水)IT Leaders編集部

KDDIは2018年3月13日、接客・店舗案内向けのタッチパネル対応サイネージサービス「KDDI Touchサイネージ」を発表した。2018年4月2日から提供する。

 KDDI Touchサイネージは、接客・店舗案内の用途に向いたサイネージサービスである。最大の特徴は、タッチパネル付きの端末を使って、対話型に情報を閲覧できること。顧客は、興味を持ったコンテンツをスマートフォンにダウンロードすることもできる。

 大きく、以下の3つの機能を提供する。

  • 「見る機能」(静止画・動画を映像コンテンツとして繰り返し再生する機能)
  • 「さわる機能」(ディスプレイをタッチして自由にコンテンツを閲覧できる機能。タッチ機能に対応したディスプレイが必要)
  • 「持ち帰る機能」(QRコードや専用アプリを利用して、興味のあるコンテンツを顧客自身のスマートフォン・タブレットなどにダウンロードできる機能)

 商業施設において、大型タッチディスプレイを利用してフロアマップや店舗情報を表示できる。店頭では、通常時には映像を再生しておき、接客時には商品の詳細情報を表示させる、といった使い方もできる。

 ディスプレイなどのハードウェアや通信環境、コンテンツ制作や施工・運用まで、必要となる要素は、KDDIから一貫して導入できる。

 プランは、利用用途と必要な機能に合わせて、「ベーシック」、「スタンダード」、「アドバンスト」、の3つがある。受信機器1台あたりの月額基本使用料金は、ベーシックが980円、スタンダードが1800円、アドバンストが3000円。別途必要な初期登録費用は1万円。

関連記事

接客・店舗案内向けにタッチ操作やコンテンツ持ち帰りが可能なサイネージを提供―KDDKDDIは2018年3月13日、接客・店舗案内向けのタッチパネル対応サイネージサービス「KDDI Touchサイネージ」を発表した。2018年4月2日から提供する。

PAGE TOP