データセンター データセンター記事一覧へ

[新製品・サービス]

NTTデータが三鷹DCを増設、延床面積は約9万平米に

2018年3月20日(火)日川 佳三(IT Leaders編集部)

NTTデータは2018年3月20日、東京都三鷹市に新たなデータセンター「三鷹データセンターEAST」(三鷹EAST)を同日付で竣工させたと発表した。2018年4月1日からサービスを開始する。既設の「三鷹データセンター」の隣地にあり、今回の三鷹EASTの増設分を含め、三鷹データセンターは延床面積約9万平米となる。

写真1●三鷹EAST正面写真(南東)(出所:NTTデータ)写真1●三鷹EAST正面写真(南東)(出所:NTTデータ)
拡大画像表示

 三鷹EASTは、既設の「三鷹データセンター」の隣地にあり、終局延床面積は約3万8000平米(約5600ラック相当)。今回の三鷹EASTの増設分を含めると、三鷹データセンターの延床面積は約9万平米となる。建物外周部を耐震ブレースで固める構造により、内部の柱を少なくして、ラック集約効率を高めた。

 ラック当たりの熱負荷は最大20kVA。空調は、壁吹空調方式・ホットアイルキャッピング(サーバーラックの背面側の暖気を閉じ込めるために通路部を不燃のビニールシート等で塞ぐ方式)を採用。従来方式(床吹方式)と比べて冷却効率が向上し、高熱負荷対応が可能になったとしている。

 PUE(電力使用効率)は1.3以下(年間平均・設計値)を目指す。NTTデータのデータセンターとしては初めて、自然エネルギー(春・秋・冬季の外気)を活用した外気冷却方式を採用した。

 免震構造や72時間連続運転可能な非常用発電機などの設備によって、DR(災害時復旧)やBCP(事業継続計画)への対応力を高めた。また、立地である東京都三鷹市は、水害、地震などの災害リスクが少ない地域に位置しているという。

関連記事

Special

-PR-

NTTデータが三鷹DCを増設、延床面積は約9万平米にNTTデータは2018年3月20日、東京都三鷹市に新たなデータセンター「三鷹データセンターEAST」(三鷹EAST)を同日付で竣工させたと発表した。2018年4月1日からサービスを開始する。既設の「三鷹データセンター」の隣地にあり、今回の三鷹EASTの増設分を含め、三鷹データセンターは延床面積約9万平米となる。

PAGE TOP