[新製品・サービス]

日本ユニシスとマイクロソフト、Azure上のバンキングシステムで共同プロジェクト

2018年3月26日(月)IT Leaders編集部

日本ユニシスと日本マイクロソフトは2018年3月23日、日本ユニシスのオープン勘定系システム「BankVision」の稼働基盤として、マイクロソフトのパブリッククラウド基盤「Microsoft Azure」の採用に向けた共同プロジェクトを2018年4月に開始すると発表した。

 日本ユニシスは、2016年度から日本マイクロソフトと共同でAzure上でのBankVisionの検証を進めてきた。今回、米MicrosoftのAzure部門との連携や、国内データセンター利用の体制などが整ったことにより、「BankVision」の基盤としてAzureの採用に向けた共同プロジェクトを開始した。

 BankVision on Azureは、堅牢性を担保しながら、異業種やFintechなどと銀行機能をシームレスに連携できる接続性を提供する。Azureの活用により、固定的なIT費用を適正化することが可能だ。

 オープンAPI公開基盤「Resonatex」との連携により、多彩なサービスと接続できる。BankVisionのコア化(サービスのAPI化、シンプル化、媒体レス)を進め、銀行共通の機能をシンプルで強固な構造に集約する。店舗型やサービス限定型など様々な業態に必要十分な機能を提供し、業態変化・経営基盤の変化を支援する。

 共同プロジェクトでは、フルバンキングシステムなどのミッションクリティカルなシステムに求められるサポートレベルに合わせたサービス内容(レベルや体制)を検討する。また、Azureの新規リリース機能の確認およびテストを行う。2016年度から続けている稼働検証で明らかになった技術的課題への対策や、 Azure上のデータとサービスを利用したデータ活用・分析サービスも検討する。

関連記事

日本ユニシスとマイクロソフト、Azure上のバンキングシステムで共同プロジェクト 日本ユニシスと日本マイクロソフトは2018年3月23日、日本ユニシスのオープン勘定系システム「BankVision」の稼働基盤として、マイクロソフトのパブリッククラウド基盤「Microsoft Azure」の採用に向けた共同プロジェクトを2018年4月に開始すると発表した。

PAGE TOP