開発ツール/プラットフォーム 開発ツール/プラットフォーム記事一覧へ

[新製品・サービス]

開発・販売したソフトの更新を管理、ジェムアルトが新ソフト「Sentinel Up」を販売

2018年4月17日(火)日川 佳三(IT Leaders編集部)

ジェムアルトと日本セーフネットは2018年4月17日、ソフトウェアのライセンス(利用権)を管理/制御する仕組みを提供する製品群「Sentinel」を構成する新製品として、ソフトウェアを自動で更新する仕組みを提供する「Sentinel Up」を発表した。2018年7月に出荷する予定である。価格は個別見積もり。開発会社は、2015年3月に米SafeNetを買収したオランダのGemalto。

 Sentinelは、ソフトウェアのライセンスを管理/制御する仕組みを提供する製品群である。代表製品の1つ「Sentinel License Development Kit」(Sentinel LDK)では、開発して販売するソフトウェアに専用のライブラリを組み込んでおくことで、ライセンス管理サーバーでライセンスを管理・制御できるようになる。

図1●Sentinel Upの概要(出所:ジェムアルト、日本セーフネット)図1●Sentinel Upの概要(出所:ジェムアルト、日本セーフネット)
拡大画像表示

 今回新たに追加したSentinel Upは、配布したソフトウェア製品のアップデート(更新)を通知したり、自動的に更新したりできるようにする製品である。更新するソフトウェア側では、専用のライブラリを組み込んでおくか、または専用のエージェントソフトを動作させることで同機能を利用できる。

 Sentinel Upを使わない場合、これまではソフトウェアを利用しているエンドユーザーみずから更新プログラムをダウンロードして手動でアップデートする必要があった。Sentinel Upを使うと、自動で更新できるようになった。更新プログラムを素早く適用できるようになるため、ユーザー体験も向上するとしている。

写真1●オランダのGemaltoでソフトウェアマネタイゼーション事業本部マーケティング担当バイスプレジデントを務めるJamshed Khan(ジャム・カーン)氏写真1●オランダのGemaltoでソフトウェアマネタイゼーション事業本部マーケティング担当バイスプレジデントを務めるJamshed Khan(ジャム・カーン)氏
拡大画像表示

 「(ソフトウェアのライセンス管理などによる)ソフトウェアの収益化が重要」とSentinel製品群の意義をアピールするのは、オランダのGemaltoでソフトウェアマネタイゼーション事業本部マーケティング担当バイスプレジデントを務めるJamshed Khan(ジャム・カーン)氏。「ハードウェアを売る時代からソフトウェア、さらにサービスの時代になった。サブスクリプションモデルや、ユーザーの利用状況や動作状況を収集して活用する事業モデルも普通になった」(Jamshed氏)。

関連記事

Special

-PR-

開発・販売したソフトの更新を管理、ジェムアルトが新ソフト「Sentinel Up」を販売ジェムアルトと日本セーフネットは2018年4月17日、ソフトウェアのライセンス(利用権)を管理/制御する仕組みを提供する製品群「Sentinel」を構成する新製品として、ソフトウェアを自動で更新する仕組みを提供する「Sentinel Up」を発表した。2018年7月に出荷する予定である。価格は個別見積もり。開発会社は、2015年3月に米SafeNetを買収したオランダのGemalto。

PAGE TOP