[新製品・サービス]

AI/機械学習でDBAのスキルセットが変わる―日本オラクルが「自律型データベースクラウド」をリリース

第1弾はDWH/データ分析基盤向けの「Oracle Autonomous Data Warehouse Cloud」

2018年4月20日(金)河原 潤(IT Leaders編集部)

日本オラクルは2018年4月19日、自律型データベースクラウドサービス「Oracle Autonomous Database Cloud」の第1弾として、「Oracle Autonomous Data Warehouse Cloud」の提供を開始した。3月下旬に米国で提供が始まった新サービスだが、1カ月以内に国内ユーザーも日本円のライセンス体系で契約・利用できるようになった。本稿では特徴と主要な機能、ユーザー企業にとってのメリットを見ていく。

 Oracle Autonomous Database Cloudは、米Oracleが2017年10月開催のOracle OpenWorldで、トップのラリー・エリソン氏みずからが発表した「業界初の自律型データベースクラウド」である(参考記事:エリソン会長、“自律データベース”を披露)。

 特徴はもちろんサービス名称の自律性(Autonomous)にあり、マシンラーニング(機械学習)技術によって、以下のデータベースの自動管理、自動保護、自動修復の3つを実現するという触れ込みだ。

自動管理(Self-managing):データベースのプロビジョニング、保護、モニタリング、バックアップ、復旧、トラブルシューティング、チューニングに人手を介さず、人的エラーを解消。ダウンタイムなしで自動的にアップグレードやパッチを適用する。
自動保護(Self-securing):社内外の攻撃・窃取などからデータを保護。ダウンタイムなしでセキュリティパッチを自動適用し、全データを自動的に暗号化する。
自動修復(Self-repairing):あらゆる計画的/非計画的ダウンタイムからの自動的な保護。最大99.995%のSLAを実現し、計画メンテナンスを含む1か月あたりのダウンタイムは2分30秒分以内に抑える。

画面1:Oracle Autonomous Database Cloudのプロモーションビデオに出てくる「人の作業なし、人によるエラーなし」というフレーズ(出典:米Oracle https://www.oracle.com/corporate/tomorrow/autonomous-database.html)
拡大画像表示

データベース運用管理における自動と自律の違い

 上述した3つの「自動」が謳われているので、少々ややこしいのだが、オラクルはこの分野での自律と自動(Automated)を明確に区別している。以下は、日本オラクル クラウド・テクノロジー事業統括 Cloud Platformビジネス推進本部長の佐藤裕之氏による説明だ。

 データベースの自動化では、ユーザー企業のデータベース管理者(DBA)による管理を伴い、インスタンスのプロビジョニングや拡張、セキュリティバッチ、フェールオーバーなどでDBA自身の意思決定が求められ、システム障害のような何か起きたときの対応を必須で強いられる。

 一方、データベースの自律化では、DBAはポリシーの設定のみを行って、後は機械学習による自律的での動作を可能にしたOracle Autonomous Database Cloudに委ねることになる。ポリシーに沿って上述したようなタスクやトラブル時の復旧などでもDBAが手を煩わせることはないという。佐藤氏はこう説明する。

 「データベースの自律化によってDBAは、これまで多くの時間を費やしてきた種々のタスクから解放され、よりイノベーションなタスクに集中できるようになる。また人手の作業でつきものだったエラーも削減される」

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
  • 1
  • 2
  • 3
関連キーワード

Oracle / RDBMS / DWH / AI / 機械学習

関連記事

Special

-PR-

AI/機械学習でDBAのスキルセットが変わる―日本オラクルが「自律型データベースクラウド」をリリース日本オラクルは2018年4月19日、自律型データベースクラウドサービス「Oracle Autonomous Database Cloud」の第1弾として、「Oracle Autonomous Data Warehouse Cloud」の提供を開始した。3月下旬に米国で提供が始まった新サービスだが、1カ月以内に国内ユーザーも日本円のライセンス体系で契約・利用できるようになった。本稿では特徴と主要な機能、ユーザー企業にとってのメリットを見ていく。

PAGE TOP