[新製品・サービス]

FAX業務に管理者承認フローを追加、インターコムが誤送信防止オプション

2018年4月27日(金)日川 佳三(IT Leaders編集部)

インターコムは2018年4月27日、大規模(4~72回線)な環境で利用できるFAX(ファクス)サーバーソフト「まいと~く Center」のオプションとして、FAX送信時の管理者承認フロー機能を追加する「まいと~く Center 誤送信防止オプション」を発表、同日販売を開始した。FAXの誤送信を防ぐことが狙い。

 誤送信防止オプションは、FAXを送信する際に、管理者による承認ワークフローを利用できるようにする追加機能である。管理者は、FAXのあて先やFAX番号、原稿内容を確認して、これを承認できる。ペーパーレスであり、自席のパソコンからWeb画面を介してFAX内容を確認・承認できる。

図1●まいと~く Center 誤送信防止オプションの概要(出所:インターコム)図1●まいと~く Center 誤送信防止オプションの概要(出所:インターコム)
拡大画像表示

 承認ワークフローは、ユーザーがFAXを送信したタイミングで、管理者に承認依頼メールを通知する。管理者は、受信したメールのリンクをクリックするだけで、確認対象のFAX原稿をプレビューできる。

 まいと~く Centerは、Webクライアント機能や外出先でのFAX送受信機能を備えた、FAXサーバーソフトの最上位版である。最大72回線までの拡張性、仮想化環境やクラウド(IaaS)環境での運用、サーバー障害時の復旧を自動化する冗長化機能、通信費が安い送信経路を自動選択するLCR機能、などを備える。

 まいと~く Centerの価格(税別)は、4回線を収容できる通信ハードウェアと保守サービス1年が付いた基本パックで、179万円から。誤送信防止オプションは、30万円。

関連記事

FAX業務に管理者承認フローを追加、インターコムが誤送信防止オプションインターコムは2018年4月27日、大規模(4~72回線)な環境で利用できるFAX(ファクス)サーバーソフト「まいと~く Center」のオプションとして、FAX送信時の管理者承認フロー機能を追加する「まいと~く Center 誤送信防止オプション」を発表、同日販売を開始した。FAXの誤送信を防ぐことが狙い。

PAGE TOP