開発ツール/プラットフォーム 開発ツール/プラットフォーム記事一覧へ

[新製品・サービス]

富士通、PaaS「Pivotal Cloud Foundry」を使ったSIサービスを第2四半期に開始

2018年5月11日(金)日川 佳三(IT Leaders編集部)

富士通は2018年5月10日、PaaS(クラウド型で提供するアプリケーション開発・運用基盤)サービスの「Pivotal Cloud Foundry」(PCF)を活用したSIサービスを、2018年度第2四半期から開始すると発表した。さらに2018年度下期には、アジャイル開発手法などを用いて新たなサービスや事業をユーザーとともに開発する場として「富士通アジャイルラボ(仮称)」を開設する。

 Pivotal Cloud Foundryは、米Pivotal Software(日本法人はPivotalジャパン)が開発したPaaSサービスである。クラウドアプリケーションを素早く構築して配備できるとしている。企業情報システム向けのセキュリティ機能や拡張性をあらかじめ備えているとしている。富士通は、Pivotal Cloud Foundryを使ったSIサービスの開始に合わせて、パートナーシップ契約「Pivotal Ready Partner Program」を交わしている。

 Pivotal Cloud Foundryの取り扱い開始に合わせ、富士通アジャイルラボ(仮称)を、2018年度下期に富士通ソリューションスクエア(東京都大田区蒲田)に開設する。リーンスタートアップ(仮説、構築、検証、修正を迅速に繰り返し、素早く改良を続けていく事業開発手法)やアジャイル開発手法(仕様変更などに対し俊敏かつ柔軟に対応するためのソフトウエア開発手法)を用いて、ユーザーと一緒に新たなサービスや事業を開発する場として設立するという。

関連記事

Special

-PR-

富士通、PaaS「Pivotal Cloud Foundry」を使ったSIサービスを第2四半期に開始富士通は2018年5月10日、PaaS(クラウド型で提供するアプリケーション開発・運用基盤)サービスの「Pivotal Cloud Foundry」(PCF)を活用したSIサービスを、2018年度第2四半期から開始すると発表した。さらに2018年度下期には、アジャイル開発手法などを用いて新たなサービスや事業をユーザーとともに開発する場として「富士通アジャイルラボ(仮称)」を開設する。

PAGE TOP