[事例ニュース]

村田機械、NECのSDNを導入、障害発生時でも障害箇所を迅速に特定

2018年5月14日(月)日川 佳三(IT Leaders編集部)

物流システムを手掛ける村田機械は2018年5月14日、犬山事業所(愛知県犬山市)で2018年2月に稼働を開始した「ムラテック・グローバルパーツセンター」(MGPC)に、NECのSDN製品群を導入したと発表した。これにより、障害発生時でも障害箇所を迅速に特定し、早期復旧に向けて対策をとれるようにした。

 ムラテック・グローバルパーツセンターは、村田機械のパーツセンターである。ユーザーに納入した自動倉庫や搬送装置などの物流システムや工作機械のアフターサービスに利用する。ユーザーの生産・流通活動を止めないように、通常時だけでなく非常時においても迅速に保守パーツを供給する。

 パーツセンターの自動倉庫には、各種センサーやカメラを設置して稼働データを収集し、機器の稼働監視や予防保全を実現している。今回、ネットワーク障害による稼働停止への対策として、NECのSDN製品を採用した。障害箇所を迅速に特定して復旧できるとしている。

 NECのSDN製品を導入したことで、倉庫内のネットワーク全体を可視化し、状況に応じて容易にネットワークの経路制御や設定変更ができるようになった。障害発生時でも障害箇所を迅速に特定し、早期復旧に向けて対策をとれるとしている。また、自動倉庫などの制御系や、カメラ・センサー系といった、用途が異なる仮想ネットワークを柔軟かつ迅速に構築・再設計できるようになった。

 村田機械では、パーツセンターでの運用実績を分析し、ユーザーに販売・納入する自動倉庫や搬送装置などの物流システムについても、将来的にパーツセンターと同様の稼働監視システムを搭載する場合には、SDNネットワークの導入を視野に入れるとしている。

関連記事

村田機械、NECのSDNを導入、障害発生時でも障害箇所を迅速に特定物流システムを手掛ける村田機械は2018年5月14日、犬山事業所(愛知県犬山市)で2018年2月に稼働を開始した「ムラテック・グローバルパーツセンター」(MGPC)に、NECのSDN製品群を導入したと発表した。これにより、障害発生時でも障害箇所を迅速に特定し、早期復旧に向けて対策をとれるようにした。

PAGE TOP