開発ツール/プラットフォーム 開発ツール/プラットフォーム記事一覧へ

[新製品・サービス]

キヤノンITS、イベントドリブン型アプリケーション開発基盤「VANTIQ」を国内販売

2018年5月22日(火)日川 佳三(IT Leaders編集部)

キヤノンITソリューションズは2018年5月21日、イベントドリブン型アプリケーションを短期間で開発するためのプラットフォーム「VANTIQ」を発表した。2018年6月1日から提供する。開発元は米Vantiq(バンティック)で、キヤノンITソリューションズはVANTIQのソフトウェアライセンスを販売するとともに、VANTIQを使ったシステム構築サービスを提供する。

 VANTIQは、イベントドリブン型アプリケーションを短期間で開発するための、アプリケーション開発・運用基盤である。ビジネスの現場で不規則に発生する大量のイベントを、即座に人のアクションへと結び付けられるという。例えば、センサーなどのIoT機器のイベントに応じてアクションを起こせる。

図1:VANTIQの画面(出典:キヤノンITソリューションズ)図1:VANTIQの画面(出典:キヤノンITソリューションズ)
拡大画像表示

 VANTIQは分散アーキテクチャを採用し、複数のエッジノードやモバイル端末にアプリケーションを分散させてシステムを構築できる。エッジノードやモバイル端末の数を増やすことによって、大規模なシステムも構築できる。各所から収集したデータは、クラウドまたはオンプレミスのダッシュボードで集中管理が可能だ。

 また、システムを停止することなくアプリケーションを配布して更新する仕組みを備えている。これにより、アジャイル型でシステムを拡張していける。

 VANTIQがリリースされた背景には、開発・生産・流通・販売・サービスの各現場で発生するさまざまな事象に対し、よりリアルタイムな意思決定を行いアクションに結び付ける需要が高まっているという状況がある。各現場で発生するデータ量が膨大であり、リアルタイムに処理や分析をすることが困難となっているため、その解決策の提供を目指している。

関連キーワード

VANTIQ / キヤノンITソリューションズ / イベントドリブン

関連記事

Special

-PR-

キヤノンITS、イベントドリブン型アプリケーション開発基盤「VANTIQ」を国内販売キヤノンITソリューションズは2018年5月21日、イベントドリブン型アプリケーションを短期間で開発するためのプラットフォーム「VANTIQ」を発表した。2018年6月1日から提供する。開発元は米Vantiq(バンティック)で、キヤノンITソリューションズはVANTIQのソフトウェアライセンスを販売するとともに、VANTIQを使ったシステム構築サービスを提供する。

PAGE TOP