開発ツール/プラットフォーム 開発ツール/プラットフォーム記事一覧へ

[新製品・サービス]

上位版RPAソフト「Autoジョブ名人」、Webブラウザに加えてWindowsアプリを操作可能に

2018年5月22日(火)日川 佳三(IT Leaders編集部)

ユーザックシステムは2018年5月22日、Webブラウザ操作を自動化するRPA(ロボットによる業務自動化)ソフト「Autoブラウザ名人」の機能上位版で、任意のWindowsアプリケーションの操作を自動化できるようにした「Autoジョブ名人」を発表した。2018年6月26日から提供する。

画面1●Autoジョブ名人のスクリプト編集画面画面1●Autoジョブ名人のスクリプト編集画面
拡大画像表示

 Autoジョブ名人は、RPAソフトである。Webブラウザの操作に加えて、任意のWindowsアプリケーションの操作ができる。これに対して、既存ソフトのAutoブラウザ名人はWebブラウザの操作に限っていた。

 アプリケーション画面を認識する方法は2つある。画面を構成するタグ情報を認識できるので、安定して動作する。さらに、画像で認識することもできるので、タグ情報を持たないアプリケーションも自動化できる。

 スケジュールに合わせて実行するスケジュール機能や、実行結果をメールで通知する機能など、運用管理のための機能も備える。

 価格(税別)は、シナリオの作成機能と実行機能を兼ね備えた開発用ライセンス「Autoジョブ名人 開発版」が年額60万円、実行機能に限ったランタイムライセンス「Autoジョブ名人 実行版」が年額18万円。販売目標は初年度300ライセンス。

関連キーワード

RPA

関連記事

上位版RPAソフト「Autoジョブ名人」、Webブラウザに加えてWindowsアプリを操作可能にユーザックシステムは2018年5月22日、Webブラウザ操作を自動化するRPA(ロボットによる業務自動化)ソフト「Autoブラウザ名人」の機能上位版で、任意のWindowsアプリケーションの操作を自動化できるようにした「Autoジョブ名人」を発表した。2018年6月26日から提供する。

PAGE TOP