[新製品・サービス]

SAPジャパン、業種別のIoT活用パッケージを提供、Leonardo事例をベースに構築

2018年5月28日(月)IT Leaders編集部

SAPジャパンは2018年5月26日、IoTソフト「SAP Leonardo」を用いた業務向けパッケージ「SAP Leonardo IoT Accelerator Package」を日本市場で提供すると発表した。各業界別、IoTテクノロジー別のものがある。

 SAP Leonardoアクセラレーターパッケージは、SAP Leonardoの機能(IoT、機械学習、ブロックチェーンなど)を用いて、実際にユーザーと開発を進め、実装・稼働したものをパッケージ化したものである。

 企業は、これを活用することで、目指すIoTシステムを80%程度まで作り上げることができるとしている。残りの20%程度にあたる自社固有要件の部分についてのみ、新規に構築すればよいため、低リスクかつ短期間でIoTシステムを構築することができるという。

 SAP Leonardoのアクセラレーターパッケージは、業種別およびIoTテクノロジー別に用意している。業種向けとしては、第1弾として、組立製造、小売、消費財、化学、公益事業、旅行・輸送、スポーツ、通信向けの「SAP Leonardo Industry Accelerator Package」を提供する。

 IoTテクノロジーとしては、SAP Predictive Maintenance and Service、SAP Asset Intelligence Network、SAP Connected Goods、SAP Global Track and Trace、SAP Distributed Manufacturing、SAP Vehicle Insights、SAP Digital Manufacturing Insightsなど7つのパッケージを用意している。

関連記事

SAPジャパン、業種別のIoT活用パッケージを提供、Leonardo事例をベースに構築SAPジャパンは2018年5月26日、IoTソフト「SAP Leonardo」を用いた業務向けパッケージ「SAP Leonardo IoT Accelerator Package」を日本市場で提供すると発表した。各業界別、IoTテクノロジー別のものがある。

PAGE TOP