システム構築/プロジェクトマネジメント システム構築/プロジェクトマネジメント記事一覧へ

[市場動向]

NTTデータ、全社レベルでAWSの活用を推進、人材を育成しユーザーのシステムを移行

2018年5月30日(水)日川 佳三(IT Leaders編集部)

NTTデータは2018年5月30日、全社レベルでAWS(Amazon Web Services)の活用を推進すると発表した。アマゾンウェブサービスジャパンの協力の下、NTTデータがシステム開発に使っている開発環境やフレームワークをAWSに対応させる。これらにより、ユーザーの既存IT資産をAWSに移行してクラウド向けに作り直す取り組みも強化する。

 NTTデータは、通信、製造、流通サービス分野などへのAWSの導入実績をもとに、現在急速にクラウド化が進展している金融分野を始めとした各分野に、AWSを展開する。2020年度までに、AWSに関するクラウドビジネスでの売り上げとして、300億円を目指す。さらに、2020年度にAWSクラウド人材1000人を目指し、AWS認定資格者や開発エンジニアの育成に継続投資する。

図1●AWSの活用を全社レベルで推進する(出所:NTTデータ)図1●AWSの活用を全社レベルで推進する(出所:NTTデータ)
拡大画像表示

 NTTデータでは、2018年4月1日に「クラウド戦略室」を設置し、これまで個別プロジェクトや分野ごとに対応してきたユーザー企業のクラウド活用を、全社横断で戦略的に対応できるようにした。この取り組みの一環で、アマゾンウェブサービスジャパンの協力の下、AWSの推進を強化する。

 具体的な取り組みとしてまず、2018年4月から、社内の開発標準フレームワーク「TERASOLUNAフレームワーク」をAWSで使えるようにした。開発者は、従来と変わらない方法でAWSで動作するアプリケーションを開発できる。さらに、NTTデータのシステム開発環境を集約した開発環境「統合開発クラウド」からAWSの機能群を利用できるようにした。

 別の取り組みとして、既存のシステムをAWSにそのまま移行する手法に関するクラウドコンサル技法を確立させる。NTTデータグループ内外で培ってきたクラウド活用の方法論を、既存IT資産を最適化していくコンサル技法の中に組み込み、NTTデータの全社標準として提供する。

 AWSに詳しいクラウド人材も育成する。アマゾンウェブサービスジャパンから専任のアーキテクトを派遣してもらい、実案件を通じて技術を習得する。これにより、AWSに詳しいクラウド人材の裾野を全社レベルに拡大する。さらに、AWS認定資格を取得する研修を実施するほか、全社横断的なAWS技術者コミュニティーを作る。2018年度は100人のAWS人材の育成を計画している。

関連記事

Special

-PR-

NTTデータ、全社レベルでAWSの活用を推進、人材を育成しユーザーのシステムを移行NTTデータは2018年5月30日、全社レベルでAWS(Amazon Web Services)の活用を推進すると発表した。アマゾンウェブサービスジャパンの協力の下、NTTデータがシステム開発に使っている開発環境やフレームワークをAWSに対応させる。これらにより、ユーザーの既存IT資産をAWSに移行してクラウド向けに作り直す取り組みも強化する。

PAGE TOP