[市場動向]

産総研のAIスパコン「ABCI」がスパコンランキング「TOP500」で5位、性能は19.88ペタFLOPS

2018年6月26日(火)日川 佳三(IT Leaders編集部)

富士通は2018年6月26日、国立研究開発法人産業技術総合研究所(産総研)から受注したAI向けスーパーコンピュータ「人工知能処理向け大規模・省電力クラウド基盤(AI Bridging Cloud Infrastructure、以下ABCI)」が、スーパーコンピュータの性能ランキングの1つである「TOP500」(2018年6月の最新ランキング)において世界5位を獲得したと発表した。LINPACKベンチマークで19.88ペタFLOPS(毎秒1京9880兆回)を達成した。

 スーパーコンピュータの性能ランキングの1つで、LINPACKベンチマークのTOP500を競う「TOP500」の最新版(2018年6月25日発表)において、ABCIは、世界第5位となる19.88ペタFLOPS(毎秒1京9880兆回)を達成した。国内では1位となる。さらに、消費電力性能を示す「Green500」においても世界8位を獲得した。

写真1●人工知能処理向け大規模・省電力クラウド基盤(AI Bridging Cloud Infrastructure、ABCI)を導入するAIデータセンター棟写真1●人工知能処理向け大規模・省電力クラウド基盤(AI Bridging Cloud Infrastructure、ABCI)を導入するAIデータセンター棟
拡大画像表示

 ABCIは、富士通のPCサーバー「FUJITSU Server PRIMERGY CX2570 M4」×1088台で構成する、AI用途向けの大規模クラウド基盤である。サーバー1台につき、CPUとしてXeonプロセッサー・スケーラブル・ファミリー×2基と、浮動小数点演算を高速に処理するためのGPUカード「NVIDIA Tesla V100アクセラレーター」×4基を搭載している。

 今回のベンチマークテストにあたっては、性能バランスの最適化や、計算処理と通信処理のオーバーラップ最適化といった技術を用いた、としている。GPUの演算効率の向上だけでなく、サーバー間通信処理を最適化し、ハードウェアの性能を最大限に引き出した、としている。

 また、消費電力性能を競う「Green500」においては、1ワットあたりの性能値で12.05G FLOPSを達成した。

 産総研は、2018年8月からABCIの本格稼働を予定している。

関連キーワード

スーパーコンピュータ / GPU

関連記事

Special

-PR-

産総研のAIスパコン「ABCI」がスパコンランキング「TOP500」で5位、性能は19.88ペタFLOPS富士通は2018年6月26日、国立研究開発法人産業技術総合研究所(産総研)から受注したAI向けスーパーコンピュータ「人工知能処理向け大規模・省電力クラウド基盤(AI Bridging Cloud Infrastructure、以下ABCI)」が、スーパーコンピュータの性能ランキングの1つである「TOP500」(2018年6月の最新ランキング)において世界5位を獲得したと発表した。LINPACKベンチマークで19.88ペタFLOPS(毎秒1京9880兆回)を達成した。

PAGE TOP